タグ別アーカイブ: ゴギ

【イベント案内】ゴギの繁殖観察会

  • 開催日時:2013年11月10日(日) 9:30
  • 集合場所:大朝公民館
  • 講師:内藤順一
  • 準備:基本セット,双眼鏡(自然館でも用意します),防寒具
  • 定員数:30名
  • 参加費:
    • 一般=300円
    • 賛助会員=100円
    • 正会員・中学生以下=無料

中国山地の脊梁部に生き残っているイワナ(ゴギ)の観察会です.ゴギは用心深い魚ですが,繁殖期は日中でも観察することができます.事前に学習した後,現地で生息環境や繁殖の様子を観察します.広葉樹の森の大切さが実感できる観察会です.

⇒お申し込みはこちらから

【イベント報告】ゴギの産卵の観察会

  • 開催日時:2012年11月11日(日) 9:30
  • 講師:内藤順一

 前日からの雨のなか,6名の参加者が大朝公民館に集合しました.うち2名は小学生の女の子です.夏休みにスケッチしたゴギのイラストを披露してくれました.実際川に潜った時に見かけたそうで,一瞬だったにもかかわらず,特長をよくとらえて描かれており,講師の内藤先生も絶讃のスケッチでした.
 ゴギは中国地方に生息するイワナの種類で日本の固有種です.一番大きな特長は,頭頂部に瞳大の白い斑点をもっていることです.生息地やゴギの発見,研究の経緯,名前の由来を,内藤先生が詳しく解説されました.
 またゴギは広島県では絶滅危惧Ⅰ類で,たいへん希少な種だそうです.
 ゴギが産卵する場所を産卵床といい,メスが川の底を掘って作ります.内藤先生が記録された産卵前後のゴギの行動も見せていただきました.長年観察されている内藤先生の視点での解説は,ゴギのメス・オスそれぞれの動きの特長が大変よくわかりました.例えば産卵前のメスは体をくの字にして腰をゆらすこと,オスがメスをつつき産卵を促す動きをすること,産卵後メスは30分〜1時間「舞」と呼ばれる行動をし,砂をかけて卵を守ることなどです.
 同じサケ科のサツキマスの産卵も見せていただきました.サツキマスは産卵後すぐ砂をかける行動が,ゴギと異なる点だそうです.そこには産卵環境の違いもあるとのことでした.
 「それぞれの種が工夫をして命のうけわたしをしているんだよ」という内藤先生の言葉が印象的でした.
 内藤先生が撮影したばかりの,大朝地域のゴギの映像も見せていただきました.特長は鼻やヒレが鮮やかなオレンジ色だそうです.
 ゴギの撮影のおまけで,これも絶滅危惧Ⅰ類のカワネズミが川底を横切るの映像もみせていただきました.
 座学が終わる頃,雨も弱まり現地へ向かうこととなりました.
 [こうのやよい]
 
 こどもたちも期待していた野生のゴギペアの姿を実際に目の当たりにでき,とてもうれしかったようです.実際に見てみると,白い斑紋だけでなく,黒点が意外に目立ったことが,印象に残りました.なんと言っても砂底の白を背景に,婚姻色の赤が一際きれいに映えていたのが印象的でした.短時間でしたが,メスが横になって産卵床を掘る姿も二度も見れ,興奮しました.[まつださとし]

みなさんの印象に残った物

「ゴギの色がとてもあざやかでおどろきました.」「ゴギの産卵行動と繁殖戦略」「ゴギの体の色がとてもきれいだったこと(2)」

参加したみなさんの感想(抜粋)

「また見たい」「とても貴重な体験でした.ありがとうございました.」「サケ科やイワナ全般のお話も聞け,全体像がよく分かりました.ゴギの不思議な生態がきれいな映像とともに説明を受け,とてもよく理解できました」「ゴギについてよく分かりました.ありがとうございました.」

写真

観察会開始前に,内藤先生にスケッチをみてもらう小学生.
観察会開始前に,内藤先生にスケッチをみてもらう小学生.夏休みに描いたスケッチをみせてもらった.細部まで描かれ,特長もつかめており,すごいスケッチ力!観察力にびっくり.
夏休みに描いたスケッチをみせてもらった.細部まで描かれ,特長もつかめており,すごいスケッチ力!観察力にびっくり.内藤先生からゴギの解説.江戸時代の書物「芸藩通史」には「呉岐」との表記があったらしい.
内藤先生からゴギの解説.江戸時代の書物「芸藩通史」には「呉岐」との表記があったらしい.全国的に見ると,ゴギの生息地はきわめて狭いことがわかった.
全国的に見ると,ゴギの生息地はきわめて狭いことがわかった.ゴギの特長は,頭頂に瞳大の白い斑点を有すること.学名にも反映されている.
ゴギの特長は,頭頂に瞳大の白い斑点を有すること.学名にも反映されている.ゴギの産卵の動画は何度見ても神秘的!命をつなぐ姿に感動した.
ゴギの産卵の動画は何度見ても神秘的!命をつなぐ姿に感動した.生息地の環境は,水深10〜20センチで,流れの淀むところ.
生息地の環境は,水深10〜20センチで,流れの淀むところ.現地にて.産卵床が見えた.
現地にて.産卵床が見えた.

【イベント報告】ゴギの観察会(大朝)

  • 開催日時:2011年11月3日(木) 9:30
  • 講師:内藤順一

 少し雲がかかって,過ごしやすい気温の中,大朝公民館に12名の方が集合しました.今回の講師は内藤先生です.備北では,広島県の天然記念物に指定されている,ゴギの産卵の様子を見てみよう,という今回の観察会,まずは,公民館内で先生のお話を聞きました.瞳大の白い斑紋が,頭部まであるのが特徴であること,澪筋から外れた,砂礫が堆積しているところに産卵すること,河川の開発などで,産卵場所が少なくなったり,川の遡上ができなくなったりして,数が減少していることなど,色々なことを話されました.また,産卵している様子をビデオに撮影したものを上映していただきました.オスとメスが並んで泳いでいる姿や,オスがメスにすり寄って産卵を促しているところ,口を大きく開けて産卵している瞬間や,産卵後に,「舞の行動」と呼ばれる,メスが身体をくねらせながら周囲を泳いている様子などを見ることができました.お話を聞いた後は,実際にゴギを観察しに行きます.車で現場まで向かいました.川岸から覗いてみると,ゆったりと泳いでいるゴギの姿を見ることができました.体長などから,2年目の個体だということが分かりました.内藤先生は「これくらいの大きさの溜まり(?)だと4,5匹くらいは泳いでいる」と言われました.また「今年は,まだ気温があまり下がっていないから,本格的に産卵を始めるのはもう少し先になるだろう」と話されました.引き続き観察していると「小さい個体もいますね」と,白川学芸員が,観察していた場所からすこし離れた場所を指し示しました.先ほどの個体よりもかなり小さく,まだ1年目の個体だということが分かりました.今年は産卵しないためか,泳いでいる場所も,川の流れが早くなる瀬頭周辺を泳いでいました.内藤先生が「ちょっと頭上を見てください」と言われました.見上げてみると,そこには植樹されたスギがありました.「ゴギは基本的に何でも食べるが,その大部分は誤って木から水面に落ちてしまった落下昆虫などを食べている.木が伐採されると,その昆虫が落ちてこなくなる.スギやヒノキなどの植樹されたものは昆虫の幼虫が少なく,枝を横に広げていくものの方がよいので,そのような樹木を残していくのが重要だ」と話されました.参加された方々は,ゴギが泳ぐ姿を写真におさめたり,ゴギの理解を深めようと積極的に内藤先生に質問されたりしました.河川工事や,森林の伐採,別の魚の放流などにより,その個体数が減っているゴギを,守るためにはどうすればよいのか,考える機会となった観察会でした.[ありみつまさかず]

みなさんの印象に残った物

「ゴギがイワナの仲間だと知ったこと」「ゴギとサツキマスの産卵場所の区別がついたこと」「ゴギの生息環境が見れたこと」「山の空気はおいしい」「ゴギのオスのきれいなオレンジ色.」「ビデオの産卵の画像の説明にこもる先生の熱意」「二年目,一年目のゴギが見られた事」「尾びれの橙色がきれいだった」

参加したみなさんの感想(抜粋)

「里山の自然を大切にしたい」「ゴギという魚に興味が持てた」「ゴギの状況がきびしいことがわかった.内藤先生の話しはわかりやすかった」「ゴギを見ることができて良かった」「八幡に比べてゴギが見やすかったです.」「はじめてゴギを知りました」「今後いつまでもゴギの住める場所が残る事を望んでいます」「環境を守持して命をつないでほしい」

写真

公民館でゴギについて学習する.内藤先生がどの辺りに産卵するかを黒板に書かれている.
公民館でゴギについて学習する.内藤先生がどの辺りに産卵するかを黒板に書かれている.観察場所に到着.ゴギはいるかな?
観察場所に到着.ゴギはいるかな?ゆっくりと泳ぐ2年目のゴギ.ヒレの端がきれいなオレンジ色に染まっていた.
ゆっくりと泳ぐ2年目のゴギ.ヒレの端がきれいなオレンジ色に染まっていた.川の上に張り出した樹木.観察場所からは少し離れていたが,このような樹木があることが,ゴギにとって重要.
川の上に張り出した樹木.観察場所からは少し離れていたが,このような樹木があることが,ゴギにとって重要.こちらは1年目のゴギ.流れが速くなる瀬頭を行ったり来たりしていた.
こちらは1年目のゴギ.流れが速くなる瀬頭を行ったり来たりしていた.内藤先生お手製の水中撮影機器.産卵の瞬間などを,多数撮影してきた自慢の一品.
内藤先生お手製の水中撮影機器.産卵の瞬間などを,多数撮影してきた自慢の一品.撮影機器の話しをする内藤先生.家には,これまでの試作品がたくさんあるそう.
撮影機器の話しをする内藤先生.家には,これまでの試作品がたくさんあるそう.

【イベント報告】芸北の水辺のいきもの〜北広島町学術調査結果から〜

まだまだ雪の多い中,30名の参加者が文化ホールに集まってくださいました.内藤順一先生による水生生物の勉強会も3回目を迎え,今回は「芸北の水辺の生き物たち」と題し,多くの種類の水生動物の紹介から始まりました.スナヤツメ,ゴギ,サツキマス,アマゴなどの北広島町での分布域を地図で見ながら解説していただきました.またアカザ,イシドジョウ,アブラボテ(石鮒),カジカ,オヤニラミ,カワムツの写真を見ながら,北広島町の川には希少な魚が生息していることを実感しました.川だけでなく,湿地やため池にすむ生き物もいます.クサガメ,イシガメ.モ
リアオガエル,ヒキガエル,シュレーゲルアオガエル,そしてサンショウウオ類です.見たことある種類からそうではない種類まで,参加者は興味深く話を聞いていました.なかなか見ることのできないサンショウウオ類の卵のうの写真が映し出されたときには,びっくした様子もうかがえました.それから1986年に発見されて以来,内藤先生が調査や保全に関わってきたカワシンジュガイのお話も聞きました.最初は33個体だったものが,現在では約1,200個体ほどに増えているそうです.カワシンジュガイの繁殖に欠かせないアマゴとの相利共生の関係,そしてアブラボテとカワシンジュガイの片利共生の関係が,調査が進むうちに解明されたおかげで,芸北の川の多様性が守られています.内藤先生がお話しされた「当時の地元の方の生物に対する意識の高さが今につながっている」という言葉がとても印象的でした.さらに「命のうけわたしができないと,川からいきものがいなくなる」という言葉の重みがひしひしと伝わってきました.参加者からもたくさんの質問が飛び出し,現在でも「生物に対する意識」が高いことを感じました.
今回学んだことをしっかりと自分たちの財産にして,地元や愛着のある場所で,生き物の環境を見守りたいと感じた,生き物勉強会となりました.[こうのやよい]
「芸北の水辺の生き物たち」と題した勉強会の始まり.さて,どんな生き物が登場するのだろう?
「芸北の水辺の生き物たち」と題した勉強会の始まり.さて,どんな生き物が登場するのだろう?アブラボテはカワシンジュガイの貝の中に産卵する.産卵期のメスは長い産卵管を持っていることも教えていただいた.
アブラボテはカワシンジュガイの貝の中に産卵する.産卵期のメスは長い産卵管を持っていることも教えていただいた.2年前に行ったカワシンジュガイの保護活動も紹介された.
2年前に行ったカワシンジュガイの保護活動も紹介された.川にすむ色々な生き物の写真を見て.「これはみたことある!」「昔はようけおった」などと会場からも声があがった.
川にすむ色々な生き物の写真を見て.「これはみたことある!」「昔はようけおった」などと会場からも声があがった.内藤先生の著著である「太田川水族館」の紹介もあった.高原の自然館で絶賛発売中.
内藤先生の著著である「太田川水族館」の紹介もあった.高原の自然館で絶賛発売中.日本初のスナヤツメの繁殖行動を撮った写真も紹介.
日本初のスナヤツメの繁殖行動を撮った写真も紹介.内藤先生の熱心なお話に参加者は熱心に聞き入り,質問も多く飛びだした.
内藤先生の熱心なお話に参加者は熱心に聞き入り,質問も多く飛びだした.

【イベント報告】ゴギの観察会(大朝)

曇り空の中,10名の参加者が大朝公民館に集合しました.ゴギの観察会は大朝地区では今回が初めてです.どんな観察会になるのかわくわくしながら,まずは室内で内藤先生からお話を聞きました.ゴギとは中国山地の源流に生息するイワナ類で,体に有する瞳大の白い斑紋が頭部まであるのが特長です.資料を見ながら,ゴギの発見,他のイワナ類との区別,名前の由来などのお話を聞きました.続いて,生息地域の様子や,産卵の様子をビデオに撮ってある映像を見ながら,詳しく解説していただきました.メスが産卵床を作るため,流れの淀むような場所を選び,尾びれを使って懸命に砂などを取り除いている場面があり,産卵の準備の様子が大変よくわかりました.オスとペアになってからも,産卵までに長い時間をかけるそうで,内藤先生の撮影は時には10時間にも及ぶと聞きました.そのご苦労のおかげで,産卵の映像も見ることができました.メスが産卵床に尻ビレを埋め込むようにして産卵し,オスがそれにあわせて放精します.オスが産卵を促すために何度も側に行っては離れ・・を繰り返していたのが印象的でした.メスは産卵が終わるとその周りを体をくねらせるようにして泳ぐ「舞の行動」が始まります.現地でもこの様子をみることができ,幸運でした.知識を得た後は,実際のゴギを観察にいきました.紅葉がピークを迎え,とても気持ちのいい空気の中,ゴギに出会うことができました.ゴギが生息できる環境は限られており,小渓流の中でも小さな淀みがあること,ゴギのえさとなる昆虫の棲む広葉樹の森が必要であることと教えていただきました.ゴギが生息していることは,生き物の多様性があるという証だとわかりました.参加者からの質問より,ゴギの寿命はほぼ4年であること,オスが川をパトロールしてメスを探すこと,産卵後オスは次のメスを探しにいくことなど,ゴギの生態を詳しく知ることができ,大変有意義な観察会となりました.「幻の魚ゴギ」といわれるゆえんにも触れることができました.

内藤先生のお話を資料を見ながらじっくりと聞く.
内藤先生のお話を資料を見ながらじっくりと聞く.調査中の体験や苦労話など,内藤先生ならではのエピソードもあり興味深かった.
調査中の体験や苦労話など,内藤先生ならではのエピソードもあり興味深かった.内藤先生作成の資料.種名の考察や地方名などがあげられておりおもしろい.
内藤先生作成の資料.種名の考察や地方名などがあげられておりおもしろい.「あ,おるおる!」と静かに興奮.
「あ,おるおる!」と静かに興奮.そおっと観察.肉眼でも見えるくらい近く,観察にはぴったりの場所だった.
そおっと観察.肉眼でも見えるくらい近く,観察にはぴったりの場所だった.葉の色と似ていてわかりにくいが,ペアのゴギがいる.
葉の色と似ていてわかりにくいが,ペアのゴギがいる.寄り添うようにして泳ぐオスとメス.
寄り添うようにして泳ぐオスとメス.ゴギの生息環境は小さな渓流で,小さな淀みがあるところ.
ゴギの生息環境は小さな渓流で,小さな淀みがあるところ.取材中のNHKの撮影クルーが水中カメラでゴギを撮影中.水中での様子がよくわかった.
取材中のNHKの撮影クルーが水中カメラでゴギを撮影中.水中での様子がよくわかった.最後にアンケートを実施.いつもご協力ありがとうございます.
最後にアンケートを実施.いつもご協力ありがとうございます.