カテゴリー別アーカイブ: 自然観察会

【イベント案内】夏休み親子観察会 -水辺の生き物を観察しよう!-; ?> )

【イベント案内】夏休み親子観察会 -水辺の生き物を観察しよう!-

  • 開催日時:2017年7月17日(月) 9:30
  • 集合場所:高原の自然館
  • 講師:岩見潤治・佐久間智子・内藤順一・松田賢
  • 準備:基本セット(山を歩ける服装,雨具,飲み物,おやつ,筆記用具,メモ帳),濡れてもよい服,川に入れる靴(長靴・サンダル不可.ズック靴が望ましい),帽子,雨具,着替え,飲み物,タオル
  • 定員数:30名
  • 参加費:
    • 一般=300円
    • 賛助会員=100円
    • 正会員・中学生以下=無料

自然再生事業が行われた霧ヶ谷湿原の中央を流れる川で水生昆虫を観察します.実際に川に入り,自分たちで採集し,同じ形をした仲間ごとに分類します.川の中には普段目に付かないような小さな生き物がたくさん!またこの観察会を通して,生物多様性も学びます.小学生以上の親子でお申し込み下さい.

お申し込みはこちらから

○初めて参加される方は,以下の項目もご記入ください.

○以下は,任意でご記入ください.

【イベント案内】ブッポウソウの観察会・巣箱作り; ?> )

離れた場所からじっくり観察.

【イベント案内】ブッポウソウの観察会・巣箱作り

  • 開催日時:2017年7月9日(日) 9:30
  • 集合場所:芸北文化ホール
  • 講師:上野吉雄・暮町昌保・松田賢
  • 準備:基本セット(山を歩ける服装,雨具,飲み物,おやつ,筆記用具,メモ帳),軍手,あれば双眼鏡,フィールドスコープ
  • 定員数:30名
  • 参加費:
    • 一般=300円
    • 賛助会員=100円
    • 正会員・中学生以下=無料

室内でブッポウソウについて座学を行った後,巣箱を設置してある場所へ移動します.巣箱の中の雛に親鳥が餌を運ぶ様子や,特徴的なくちばしの色などを,見守りながら観察しましょう.観察の後は,ブッポウソウの巣箱作りも行います.

お申し込みはこちらから

○初めて参加される方は,以下の項目もご記入ください.

○以下は,任意でご記入ください.

【イベント案内】霧ヶ谷湿原 昆虫観察会; ?> )

【イベント案内】霧ヶ谷湿原 昆虫観察会

  • 開催日時:2017年7月1日(土) 9:30
  • 集合場所:高原の自然館
  • 講師:岩見潤治・大竹邦暁
  • 準備:基本セット(山を歩ける服装,雨具,飲み物,おやつ,筆記用具,メモ帳),虫かご
  • 定員数:30名
  • 参加費:
    • 一般=300円
    • 賛助会員=100円
    • 正会員・中学生以下=無料

夏の霧ヶ谷湿原を歩きながら、昆虫達を観察しましょう.ハンヒメシジミやヒロシマサナエなど,珍しい昆虫について専門の先生から解説いただきます.昆虫を観察するためのかごをご用意ください.

お申し込みはこちらから

○初めて参加される方は,以下の項目もご記入ください.

○以下は,任意でご記入ください.

【イベント案内】せどやまのいきもの観察会; ?> )

【イベント案内】せどやまのいきもの観察会

  • 開催日時:2017年6月24日(土) 9:30
  • 集合場所:芸北文化ホール
  • 講師:佐久間智子・中島康弘・内藤順一
  • 準備:基本セット(山を歩ける服装,雨具,飲み物,おやつ,筆記用具,メモ帳)
  • 定員数:30名
  • 参加費:
    • 一般=300円
    • 賛助会員=100円
    • 正会員・中学生以下=無料

せどやま(家の裏山)や田んぼの周りを歩きながら,身近な場所に生育する植物や生き物を観察します.事前学習の後,車で現地に向かい,林の中や林の縁,道ばたや田んぼの畦などをゆっくりと観察します.

お申し込みはこちらから

○初めて参加される方は,以下の項目もご記入ください.

○以下は,任意でご記入ください.

観察会の実施について(2017.5.12); ?> )

5月13日(土)の観察会へお申し込みのみなさまへ

現在雨のため、観察会開催についてお問い合わせいただいていますので、各観察会ごとにご案内します。
なお、体力や体調で参加が不安な方は、ご遠慮なくキャンセルください。
スタッフ携帯電話:080−6334−8601
上記電話がつながらない時:090−5265ー8191
▶︎野鳥観察会 5:00〜8:00頃
・雨天決行
・開始時間に北広島町に警報が出ている場合は中止

▶︎大潰山の植物観察会 9:30〜15:00頃
・少雨決行、登山時の天候をみて中止する可能性もあります。
・座学は行います。
・開始時間に北広島町に警報が出ている場合は中止
※足元が濡れやすい場所を歩きます。必ずカッパ(上下別のものが望ましい)をお持ちください。