活動報告」カテゴリーアーカイブ

【活動報告】休眠預金を活用した助成事業の説明会(2020.2.7)

2020年2月6日。
ひろしまNPOセンターが開催した休眠預金を活用した助成事業の説明会に参加しましたので、報告します。
会場の三次市を中心に、約20団体の参加があり、関心の高さがうかがえました。
4つの助成事業の区分があり、「草の根活動支援事業」「新規企画支援事業」「ソーシャルビジネス形成支援事業」「災害支援事業」です。中国地方では中国5県休眠預金など活用コンソーシアムが中間支援団体となり、「草の根活動支援事業」を中国地方で 助成を行います。
中国地方では、地域格差及び所得格差による課題を解決し、暮らし続けられる地域をつくる事業の実行団体募集中です。休眠預金が原資となる性質上、資金の用途については大変厳しい基準や監査が求められます。
説明会でも強調されての説明が続きました。
広島県では「ひと」「しごと」「地域資源」等の好循環モデル形成がテーマとされ、広島県の中山間地域が対象です。説明会に参加されていた団体各自、それぞれの活動に照らし合わせながら、検討している様子でした。
休眠預金など活用法における「指定活用団体」であるJANPIAがビジョンに掲げているのは「誰ひとり取り残さない持続可能な社会作りの触媒に」ということです。

社会課題の解決やその能力の向上、SDGsの達成にも貢献される効果への期待も高まっているようです。
新しい仕組みには困難も伴うと思いますが、市民活動が促進され、よりよい社会形成につながることをねがってやみません。

【イベント報告】エコツーリズム推進法と地域循環共生圏を学ぶ会

1月30日に、広島市湯来交流体験センターで行われた、三段峡-太田川流域研究会主催の「エコツーリズム推進法と地域循環共生圏を学ぶ会」に参加したので報告します。湯来や江田島、安芸太田町など様々な地域から、約30名ぐらいの参加者がありました。自治体の人や自然体験活動を行なっている人など様々な顔ぶれでした。
環境省の職員より、エコツーリズム推進法と、地域循環共生圏の意味や現状、各地での取り組みを聞くことができるという、とても良い学びの機会となりました。
平成に入って、よく耳にするようになった言葉の一つに、エコツアー、エコツーリズムという言葉があります。エコツーリズムとは一体どういう観光形態なのか、そしてエコツーリズムを推進するために、政府が平成19年6月に制定したエコツーリズム推進法や地域循環共生圏について、用意された資料を元に丁寧に解説を聞きながら、勉強会は進みました。
エコツーリズムと地域活性化は、一見全く違う分野に思えるかもしれません。しかし、実際はお互いに強く結びついているものだとわかりました。エコツアーの参加者の目的は、その地域の自然に触れ、学び、体験することです。地域資源である自然を使って行われるエコツーリズムは、ガイドや関係者の雇用、地域の宿泊施設の利用など、地域活性化に役立つ1つのツールだと感じました。
また、エコツーリズム推進法では、自治体と市民団体などが協力して、「自然環境の保全」「観光振興」「地域振興」「環境教育の場としての活用」の4つを生かしたエコツーリズムを実現させるため、「エコツーリズム推進全体構想」を認定し、地域の取り組みを応援しているとのことです。
認定された地域は、北は北海道から南は沖縄まで様々でした。残念ながら広島県にはまだ認定地域はありませんでしたが、廿日市市が宮島周辺をフィールドとした、エコツーリズム推進全体構想を考えているとのことでした。
地域循環共生圏という考えは、日本初の脱炭素化・SDGs構想であり、「自立分散」「相互連携」「循環・共生」の3つが、これを形成する重要なキーワードということでした。
難しい言葉でしたが、マンダラ図という関係する言葉を一枚の図にした資料があり、地域全体で持続可能な生活を目指すという意味だと理解できました。
後半のグループディスカッションでは、北広島町は安芸太田町と同じグループに参加しました。
安芸太田町と北広島町は自治体が違うだけで、聖湖と三段峡など一緒に楽しめる場所も多く、町同士の連携となると難しいところもあるだろうが、連携できればいいねという話も出ました。
エコツーリズムと、地域循環共生圏は、共に地域に根ざした考えであり、二つを組み合わせれば単独以上に、地域の環境保全や活性化に繋がる可能性について理解が進んだ勉強会となりました。
西中国山地自然史研究会で定期的に行なっている自然観察会は、地域の自然を知ってもらうこと、親しんでもらうことなど、エコツアーに似通っているところがあると思います。今回学んだことを糧に、北広島町の地域社会や自然に還元できるような、一歩進んだより良い観察会やイベントを提唱できるようになればと思います。[前田芙紗]


エコツーリズムとは?地域循環共生圏とは?


真剣な眼差しで聞き入る参加者。


グループディスカッションでは色々な意見が出た。


最後にそれぞれのグループで話し合われたことを発表しあって、勉強会は終わった。

【イベント報告】自然体験活動フォーラム「集まってつながろう!」

2020年1月24日(金)から26日(日)までの3日間、国立江田島青少年交流の家で開催された、自然体験活動フォーラム「集まってつながろう!」に参加しました。
広島近郊で自然体験活動に関わる人たちが、一同に集まって学び合うことができるこのフォーラムは、新たな出会いやつながり、学びを見つけることのできる場でもあります。
フォーラムは、新しい知識を学ぶことができる「分科会」と、参加している人たちがタイトル通りに繋がる「交流会」の2つに分かれており、初日は交流会のみ、2日目は2回の分科会に加え夜の交流会。3日目は分科会と最後の全体会という構成でした。
参加者は、滋賀県や高知県など遠方からの参加者や、大学生、施設の職員、行政所属の人など、年齢層も職種も幅広い顔ぶれでした。
初日の交流会では、野外炊飯場でダッチオーブンを使い、シチュー、ローストチキン、ピザの3種類の夕食を作りました。初対面の人も多く、最初は少し緊張していましたが、打ち解けたあとは、あちこちからレシピにはないアイデアが浮かび、工夫しながら調理は進んでいきました。出来上がった料理はどれも美味しく、終始、楽しい雰囲気で交流会は行われました。
分科会は計3回に分け、各回で3つのトピックから一番気になるところに参加するという形で行われました。合計9つの分科会は「幼児教育」「災害ボランティア」「SDGs」など、幅広い分野にわたってのキーワードがあり、一言で自然体験活動と言っても、様々なものがあるのだということを改めて感じました。
分科会では、様々な立場の人たちと、各トピックについて意見交換や議論をすることができました。
私が参加した「学校教育と自然体験活動施設」では、ボランティアで自然体験活動に関わっているという大学生や、野外活動を担当しているという小学校の先生、生涯教育を行政側からささえる立場の人など、本音での対話は、学校教育の今まで知らなかった点や、それぞれが抱える課題もわかり、色々と考えさせられました。しかし、課題の中には立場を超えて協力したり、別の視点から見れば解決できるのではないか?というものもあり、職種や立場を超えての交流は、学ぶことが多いものとなりました。また、学生からは「厳しい現実を知らなくて、教育の現場に入って困難にぶつかるより、覚悟を決めて就職できるから参加できて良かった」という意見もあり、若い世代への希望を見出せた気がします。
3日間という短い間のフォーラムでしたが、交流会や分科会でのやりとりや出会いから、新しい企画として動き出しそうなものも生まれたようです。タイトル通り、「集まってつながった」フォーラムとなりました。
様々な協力やサポートでフォーラムを支えてくださった国立江田島青少年交流の家のみなさん、ありがとうございました。
来年は2021年1月22日(金)から24日(日)の3日間で行う予定です。興味のある方は、是非ご参加ください。


1日目に行われた、野外調理による交流会。
ローストチキンに詰め物(ガーリックライス)を詰め込む。


溢れないように綺麗に閉じれた。ハイポーズ♪


ダッチオーブンに付け合わせの野菜を添えて。どんな風に出来上がるだろう?


ピザも作った。ピザの生地を丁寧に練り込む作業中。


ダッチオーブンで焼いたピザ。美味しそうに出来上がった。


「美味しい〜♪」


オリーブオイルを振りかけたローストチキンも綺麗な焼き色がついて美味しそう!!


フォーラムの全体会。司会の白川さんの趣旨説明から始まった。


円になって、全員の顔が見られる状態で進行は進む。


最初の簡単な自己紹介はフルーツバスケット方式で!
あれ?よく見たことのあるような後ろ姿の3名が…。


誕生日が近いもの同士でグループになって自己紹介。
特技や必殺技まで披露しあう。


特技などをくっつけて、グループの中で1つの企画を作り上げた。
猟師や、動物の鳴き真似が得意な人がいたこの班は「獣化」という企画ができた。


こちらは今すぐにでもできそうな、しっかりとした企画案。


第一回目の分科会。
最近よく耳にするSDGsと地域とを結びつけた「地域づくりとSDGs」。


SDGsと、自分の地域が抱えている問題を結びつけて、グループディスカッションを行った。


第二の分科会の「学校教育と自然体験活動施設」では、いろんな立場の人たちが本音でトーク。


それぞれの立場の課題や置かれている現状が本音トークで色々とわかった。
お互いに協力したら解決しそうな課題もあり、横のつながりも大切だなぁと感じた分科会となった。


素敵な生き方をしている、3名の発表者の生き方を聞く第三の分科会「ライフモデルカフェ」。
カフェなので、美味しいお菓子(江田島産)と、お茶も振舞われた。


最初は「コミュニティーナース」のお話。
コミュニティーナース枠にはまり込まない、バイタリティあふれる活動に関心した。


次は「猟師になりたい!」と芸北に移住した、現役猟師。
イノシシの話はとても興味深く、皆さん真剣に聞いていた。


自然体験活動のディレクターとして、フリーランスで活躍されているまつりさん。
このような、自然体験活動との関わり方もあるのかと、興味深かった。


最後の全体会で、フォーラムで自分が学んだものを振り返る。


フォーラム全体の振り返り。「あつまって繋がろう!」が達成できてたかな。


終わった後、若者たちが集まって情報交換をしていた。
将来への希望も感じられたフォーラムとなった。

【活動報告】キャリア朝会「教えてセンパイ」VOL.17(2020.1.15)

西中国山地自然史研究会は、芸北分校生徒会活動の一端をサポートをさせていただいています。
2020年1月14日(火)のキャリア朝会に同行しましたので、報告します。
今回のセンパイは広島工業大学准教授の八房智顯さんです。
八房さんは八幡出身で、大学は北海道の北見工業大学を卒業されています。
現在は、広島工業大学で「教育と研究」という2つのお仕事を担っています。
エンジンが専門で博士号も取得されている八房さんですが、小学生のころ、田んぼでみたヘリコプターでの農薬散布が忘れられない思い出だ、という紹介がありました。
ヘリコプターを間近で見て、「乗ってみたい!」という強い思いが研究へつながったともいえるようです。
経験の中からのメッセージは、「百聞は一見にしかず」で、しっかりリサーチしてから経験することの大切さをお話されました。
経験したことは必ず自分のことになり、それがまた次のチャレンジを生むこと。そして「感受性が高い今」だからこその挑戦をしてほしい、と締めくくられました。
ご自身では、見知らぬ土地にいくことも糧としており、時間があれば海外の体験なども聞いてみたかったです。
高校生からの感想を見ていると「なぜ大学の先生になったのか」「海外経験のことをもっと聞きたい」「最近のヘリコプターに乗っているのか?」というものがありました。
八幡のご実家ではドローンを飛ばしている姿をお見かけします。工学博士ならではの視点をまた共有してもらいたいと思います。