おしらせ」カテゴリーアーカイブ

冬期休館のお知らせと秋の終わりに…(2020.11.23)

芸北 高原の自然館は2020年11月26日(木)から20201年4月24日(土)まで、冬期休館となります。
お隣のかりお茶屋は12月6日(日)までの営業となります。
今シーズンもどうもありがとうございました(・∀・)!!

昨日の朝は綺麗な秋空が広がっていました。
…が午後から崩れて今もぐずついた天気の八幡です。
秋の終わりを告げるような景色が目につきますよ〜(・ω・)b


秋空に、残りわずかな葉っぱが映える。


今年はカンボクの実が少なかった。


代わりに、ツルウメモドキは大豊作…!?


カラスが食べにやってきた。

【イベント案内】清水庵の冬支度をしよう(2020.12.2.開催)

【清水庵の冬支度をしよう 〜清水庵の見学・雪囲い〜】

芸北民俗博物館の隣にある清水庵で一緒に冬支度をしてみませんか?
樽床地域に残っていた古くからの生活文化を体験したり、冬に備えての雪囲いの作業をしたりします。

開催日時:2020年12月2日(水) 10:30〜16:00(予定)
開催場所:清水庵(芸北民俗博物館横)
〒731-2552 広島県山県郡北広島町西八幡原10870-4
活動内容・スケジュール
10:30 集合
10:30〜12:00 午前の部:清水庵見学(柴田学芸員×白川学芸員のトーク、案内)
12:00〜13:00 昼食
13:00〜16:00 午後の部:雪囲い
16:00 解散予定(作業の進み具合で早く終わる可能性もあります)
講師:柴田千賀子学芸員、白川勝信学芸員(北広島町教育委員会)
定員:15名(申し込み必要・先着順)
参加費用:無料 ※昼食は各自で準備をお願いします。
必要な物:作業できる格好、防寒具、昼食、飲み物など
※外での作業はかなり冷え込む可能性もあるので、防寒できるものを各自でお持ちください。

お問い合わせ・お申し込み
NPO西中国山地自然史研究会
メール:staff@shizenkan.info
Tel:080-6334-8601

【活動報告】キャリア朝会「教えてセンパイ」VOL.23(2020.11.17)

西中国山地自然史研究会は、芸北分校生徒会活動の一端をサポートをさせていただいています。 2020年11月17日(火)のキャリア朝会に同行しましたので、報告します。 今回のセンパイは北広島町議会議員であり司会業の山形しのぶさんです。 司会業のプロということで、とにかく姿勢、話し方が美しくわかりやすい!流れるような話術と、内容のおもしろさで10分間があっという間でした。 全体を通して、山形さんの前向きでガッツがある雰囲気に、生徒たち(先生も)は魅了されていました。スポーツ推薦での大学進学で選択を迷ったことや、ご自身の家庭からの現在のご家族への思いや、それに関連した行動など、体力と気力、そして信念があるのだなぁと尊敬する思いでした。 教員時代のことで、「日々の時間の中で100のうち99が大変だけど残り1の感動」と、やってみたいと挑戦しスタートした司会業での感動は通じるものがある、とのお話もありました。 「仕事を嫌だと思ったことが一度もなく、毎日朝がくるのが楽しみだ」ということに、「そんなことってあるの?すごいなぁ」と感じた生徒も多かったようです。 「よいコミュニケーションの取り方は?」という生徒からの質問に、「第一印象で左右するのであいさつや笑顔は重要」という山形さんの回答に励まされた生徒もいたようです。 生徒の感想の中に、「言葉が人を傷つけるのはよく聞くが、言葉で人を喜ばせる力が強いことを再確認した」というものもあり、「感謝を言葉にする」「一歩を踏み出してみる」という力強いメッセージが伝わってくる朝会となりました。

 

 

11月3日は開館しています!!(2020.11.3)

11月3日は火曜日ですが、祝日ですので高原の自然館は開館していますよ〜(・ω・)b
紅葉狩りがてらに、ぜひお立ち寄りください(・∀・)!!
※代休で、11月4日(水)が休館日となっています。お気をつけください。

本日は、最近の八幡周辺の鳥たちの写真をどうぞ!!


アトリとジョウビタキのメスのちょっと変わった2ショット。


上空には何百羽ものアトリの群れが!!


それを狙うハイタカの影も…。


トビは電柱の上で、戦利品をゆっくりと味わっていました。

シラガホオジロは、まだ来芸していないみたいです…?

【イベント案内】八幡高原の野鳥観察会(2020.11.15.開催)

    • 開催日時:2020年11月15日(日) 9時0分
    • 集合場所:高原の自然館
    • 講師:上野 吉雄
    • 準備:基本セット(山を歩ける服装、雨具、飲み物、おやつ、筆記用具、メモ帳),あれば双眼鏡,フィールドスコープ、観察会手帳
    • 定員数:30名
    • 参加費:正会員、賛助会員、小・中学生:無料
      一般:500円

一足早く冬が訪れる八幡高原で冬鳥を観察します.草原,湿原,水田,ため池で冬鳥の姿を探しましょう.千町原ではキレンジャクやツグミ,水田では国内でも珍しい冬鳥のシラガホオジロやノスリ,ハイタカなどを観察しましょう.ため池ではシベリアから渡ってきたばかりのカモ類を観察します.これからバードウオッチングを始めたいという方も歓迎します.

お申し込みはこちらから

    ○初めて参加される方は,以下の項目もご記入ください.

    ○以下は,任意でご記入ください.