投稿者「スタッフ」のアーカイブ

山焼き前の雲月山(2022.4.7)

青空が爽快なお天気!すっかり雪もとけ、道路沿いにはタムシバのつぼみがちらほら見える時期となりました。
山焼きの準備のため、下見にいってきました。
柔らかな色の山容が目に入ります。
散策道を確認しながら歩くと、ヤマヤナギ、ショウジョウバカマ、キジムシロが咲いていました。
山焼きの実行委員会の方とも打ち合わせし、どうか無事に火入れができますようにと願いながら下山しました。
ボランティア参加申し込みのみなさん、どうぞよろしくお願いしますね。
そして、山焼き当日の4/9は雲月山には登れませんので、一般の方はご注意くださいね

【活動報告】キャリア朝礼「教えてセンパイ」VOL.35(2022.1.11)

今年度6回目の開催となった1月11日(火)のキャリア朝礼について、報告します。
今回のセンパイは、 
広島県安芸高田市地域おこし協力隊として『道の駅三矢の里あきたかた』で安芸高田市の毛利の里としての歴史や観光の案内をされたり、レンタサイクリングの運営などをされている田中快斗さんです。 神楽が好きで協力隊に応募した田中さんは、芸分の神楽部のファンだそう。野球部だったので芸分に親近感があるし、始まる前の生徒の挨拶が礼儀正しくて好印象だったと伝えてくれました。
田中さんは高校生の時、芸人になりたかったのですが、周りの人に反対され、諦めました。喋ることは好きなので、今でも芸人になろうかなと考えたり、好きなままでいるそうです。生徒も好きなものはずっと好きでいてほしいそう。ちなみに好きなものと仕事は違っていて、好きなものは「趣味」ですが、仕事は「社会に出て役に立つ」ことだと考えているそうです。 また、高校生の時、勉強が苦手だったという田中さん。
テストの点数が低くても人生や夢を諦める必要はなく、勉強は得意・不得意の中のひとつに過ぎないので、自分のいいところや得意なことを見つけていってほしいと考えています。自分の得意なことを友達や先生に聞いてみるのもおすすめの方法だそうです。 さらに、得意なことは積極的にアピールしていくと、まかせてみようというキッカケにもなります。部活の団体プレーのように得意なことを発揮し合って、仕事も団体プレーなので、協力し合って行なっていくことが肝心だと言われていました。
「進路で悩んでいる人も多いと思いますが、何事もポジティブに考え、好きなものは胸のどこかに隠れているので、それを思い出し、原点に戻って夢を貫いて、楽しんでいってほしいと思います。」と、好きなことを大切にしてきた田中さんらしいメッセージで締めくくってくれました。 (報告:前田なっちぇ/芸北分校魅力化コーディネーター)

【定員に達しました】樽床ガイド講座「樽床のいまとむかし」(2021.11.4)

※定員となりましたので、申し込みを締めきらせていただきます。
お問い合わせ、お申し込みありがとうございました。

聖湖など樽床周辺で、トレッキングガイドなどアクティビティガイドをしている方、またはこれからしようとしている方に向け、講座を開催します。 

樽床集落の歴史や文化、風景から見えてくることなど樽床のいまとむかしを、清水庵にて専門家からレクチャーしていただきます。

お早めにお申し込みください。

日時 2021年11月15日(月)10:00〜12:00
場所 芸北民俗博物館 / 清水庵 〒731-2552 広島県山県郡北広島町西八幡原867
対象 聖湖周辺でガイドをされている方、またはこれからする予定の方
講師 柴田千賀子(北広島町教育委員会)
参加費 無料(申し込み必要)
定員 10名
持ち物 防寒着(会場は大変冷えます)/筆記用具
申込・問い合わせ:NPO法人西中国山地自然史研究会 河野 ※申し込み締め切りました。
住所:北広島町東八幡原10119-1
メール:staff@shizenkan.info

【活動報告】キャリア朝会「教えてセンパイ」VOL.31(2021.10.5)

西中国山地自然史研究会は、芸北分校生徒会活動の一端をサポートをさせていただいています。
今年度4回目の開催となった10月5日(火)のキャリア朝会について、報告します。
今回のセンパイは、 広島県安芸高田市地域おこし協力隊 の中村健太郎さんです。
道の駅や自宅で、人と人とをつなぐ様々なイベントを企画・開催したり、『みんなでつくる中国山地みんなでつくる中国山地』ではライターをされています。
お話はオモテ面とウラ面に謎の言葉が数十個書かれた用紙を配られるところから始まりました。自己紹介は名前のみ。
まず、オモテ面から興味を引く言葉を生徒に上げてもらいました。「湖からネッシー」「ただ歩く」「コスプレ聖地」「絵もらっ展」などが上がり、その言葉のエピソードを話す中村さん。
ネッシーを湖に出したいという中村さんの妄想からAR勉強会に繋がったり、ただ歩くだけで面白い人に出会ったり、コスプレイベントを企画していたり、褒めていたらもらった絵で展示会開催をしたりと、中村さんの人柄とおもしろ企画が溢れ出しました。
次に、ウラ面からは「棚田の仙人」「糸つむぎの魔女」「大学生のかつお」「アップビートソース」などの言葉が気になる、と生徒から上がりました。その言葉に詰まっていたのは、中村さんが出会ったキャラの濃い人物のお話でした。
それから、ついに中村さんの正体が明らかにされました。
現在は安芸高田市の地域おこし協力隊ですが、実は大学を中退し、10年間迷い続ける日々を過ごしていました。あるとき、地域・ローカルの雰囲気が好きなのではと気づき、現在の地域や観光に関する仕事をするようになりました。今でも自分自身を探っていて、高校生の時にもっと自分のことを考えたら違っていたかもしれないと振り返ります。
そこで、中村さんから高校生へ提案。
「もし、みんながイベントを開催するとしたら、何をするかを考えてみてほしいです。すると、誰に対して、どういう風にしたいか、相手はどういう人か興味を持って、想像します。そうすると、自分がどういう人間で、どういうことを誰にしたいかがわかるようになるのではないかなと思うのです。」
また、さいごに中村さんは里山の「人と暮らし」を紹介する「さとやまガイド」を志しているので、地域の面白い人がいたら紹介してほしいと投げかけて帰られました。
高校生の好奇心を揺さぶる仕掛けが満載の、イベントのような朝会になりました。
(芸北分校魅力化コーディネーター/前田なっちぇ)

アサギマダラの魅力(2021.10.11)

新聞やテレビなどで紹介があったようで、アサギマダラの問い合わせが非常に多いです。
「旅するチョウ」アサギマダラが寄り道、フジバカマに誘われて 広島の八幡高原
中国新聞記事(2021.10.5)

お天気もいい八幡高原で、ぜひ観察してみてくださいね。

高原の自然館では、アサギマダラ関連の書籍展示とポストカード販売も行っています。
他にも色づきはじめた木々の中の散策、新米やりんごが目立つ野菜売り場などをオススメしています。