活動」カテゴリーアーカイブ

【活動報告】キャリア朝会「教えてセンパイ」VOL.30(2021.9.14)

西中国山地自然史研究会では、芸北分校生徒会活動の一端をサポートをさせていただいています。
今年度3回目の開催となった9月14日(火)のキャリア朝会について、報告します。
今回のセンパイは、道の駅豊平どんぐり村にある宿泊・温泉・食事処の「どんぐり荘」で働く尾首彬美(おくび あきみ)さんです。
豊平に移住して4年目の想いを語ってくださいました。
尾首さんは、人と話したり接客するのが好きだったので、ビジネスホテルの全国チェーン「東横イン」に就職し、フロント業務のエキスパートとして、ホテルの立ち上げスタッフの教育を担当し、全国を飛び回るバリバリのキャリアウーマンをされていました。
豊平には幼い頃からのたくさんの思い出があったので、おばあさんが亡くなり、家が空き家になることをきっかけに、移住を決意。実際に移住すると、やりたいこと、仕事、友達のいない中、いるだけで精一杯になりつつあった時、現在の職場、どんぐり村の社長が手を差し伸べてくれて、「どんぐり荘」に就職することになりました。
生活していくうちに、何もないと思っていた豊平に、たくさん人が来ているのを見て、外からの視点で豊平を見ると、たくさんのいいところを発見します。そば打ちの試験を受けたり、イノシシを捌いたり、田植えの手伝いをしたり、雪山にジャンプ台を作ったり、いろんなことができるようになり、日々楽しいことを探す毎日を過ごしているそうです。
伝えたいことは、「今を楽しむこと」。
当たり前の景色、人、場所と思っていて見過ごしがちですが、今しかない場所で、今しかできない時間を過ごしています。夢や職場を探そうとすると、外へ目が向くとは思うけれど、芸分で学ぶ今の自分にしかできないことをたくさん見つけてほしい。
そして、出て行ったとしても、いつか北広島町に帰ってきたら、一緒に楽しいことを探せる仲間になりましょう!!と、希望に満ちたあたたかいメッセージを届けてくれました。
(芸北分校魅力化コーディネーター 前田なっちぇ)

【中止】深入山の植物観察会

■8月27日から9月12日にかけて、広島県で新型コロナウィルスにおける「緊急事態宣言」が発令される見通しとなったことを受け、「深入山の植物観察会」は中止とさせていただきます。
ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

【中止】深入山の植物観察会

■8月27日から9月12日にかけて、広島県で新型コロナウィルスにおける「緊急事態宣言」が発令される見通しとなったことを受け、「深入山の植物観察会」は中止とさせていただきます。
ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

開催日時:2021年9月12日(日) 9:30〜15:00ぐらいまで
集合場所:深入山グリーンシャワー駐車場
講師:大竹邦暁・佐久間智子
準備:基本セット(山を歩ける服装,雨具,飲み物,おやつ,筆記用具,メモ帳),お弁当、ピクニックシート
定員数:15名
参加費:一般:500円,自然観察手帳をご持参の方,中学生以下:無料

山焼きによって草原が維持されている深入山では、どんな植物が生育しているのでしょうか。同様に維持されている近隣の雲月山とは、どのような違いがあるのでしょうか。深入山の成り立ちや植物についての説明を行った後、ゆっくりと歩いて観察します。頂上付近で昼食となりますので、お弁当をご準備ください。

【募集締切】昆虫を捕まえて観察してみよう!(2021.8.7.開催)

※定員となりましたので、募集を締め切りました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。

開催日時:2021年8月7日(土) 9:30〜12:30ぐらいまで
集合場所:高原の自然館
講師:上手新一
準備:基本セット(山を歩ける服装,雨具,飲み物,おやつ,筆記用具,メモ帳),プラケース、昆虫採集網
定員数:20名
参加費:一般:500円,自然観察手帳をご持参の方,中学生以下:無料

気持ちの良い草原で、気軽に昆虫採集を体験してみよう。
専門家が採集の方法、昆虫の扱い方、名前の調べ方、生態などを解説します。
夏休みの自由研究のヒントになるかも。
芸北地域での保全活動の取り組みやイベントの案内も行います。