カテゴリー別アーカイブ: 活動

【お知らせ】高原の自然館 職場体験中(2017.8.21); ?> )

本日より、5日間にわたり芸北中学校2年生の2名が、高原の自然館で、職場体験中です。
いきものや自然が好きな生徒2名が、はりきって来てくれました。
午前中は、来館者対応と、館内案内の練習をしました。午後からは、湿原をまわり、フィールドを観察します。
フィールドに出発!というタイミングで、高知大学の植物地理学実習のみなさまが到着し、ガイド中島さんのご案内で、一緒に出かけることとなりました。
さて、どんな観察ができるのか楽しみですね。

【メディア出演】ヒロシマウィメンズハーモニー(2017.8.18); ?> )

ひろしまFMにて、スタッフ前田さんが出演します。
どうぞお楽しみにお聞き下さい。

日時:8月25日(金)10:15〜10:30  ヒロシマウィメンズハーモニー
芸北トレッキングガイドの会 前田芙紗さん
「自然と伝統の町、北広島町へ遊びにきんさい!」

 

【参加報告】みんなで育む「森づくりシンポジウム」@広島市(2017.8.13); ?> )

2017年8月11日(金)に広島市が主催する「森と人と暮らしをつなぐ」をテーマとし、市民が森づくりに参加するきっかけとなるように、取り組みを紹介するみんなで育む「森づくりシンポジウム」に参加しましたので、報告します。
基調講演は、横浜で活動されている松村正治先生(恵泉女学園准教授NPO法人よこはま里山研究所理事長)です。
広島県では初めてのご講演ということでした。
森づくりのこれまで・今・これからをご自身の団体で実践されていることや、横浜市などのデータを示して、わかりやすくご講演いただきました。
森づくりのヒントは、「自発性・公共性の大切さ」「ボランティアから仕事とくらしづくりへ志向変換していることを認める」「文化・自然を自分たちの手で取りもどす」という3つのまとめで締めくくられました。
これからの森づくりで、若者と一緒にできる活動のコツも、いくつか示されていたので、取り入れたいなぁと思いました。
また。広島県、島根県で活動されている4名の方からの事例紹介もありました。時間が少ないのが残念でしたが、芸北せどやま再生事業を紹介した芸北 高原の自然館の白川ハカセの発表では、「経済とは、使った金額以上の価値」であるとの示唆から、山や木、地域やしくみの「価値」について改めて考える機会となりました。
(有)一場木工所の寺河さんからは、森と人をつなぐ木材コーディネートの柔軟さや重要性がお話されました。ご自身が意識されている「正しいことをひろく知る」ということにもハッとさせられました。
事例発表者と参加者が「人材育成」「組織の維持」「他分野との連携」「安全管理」と4つのグループに分かれ、討論を通じて、気づきを共有する時間もありました。
全体コーディネーターである中越先生のまとめでは、対面でのスタンダードの確認と、頻繁に継続して会うことが必要とはなされました。また森づくりには夢をもってほしい、というひとことで、シンポジウムのプログラムは締めくくられました。
広島では森づくりが各地で行われています。
8月11日の山の日に、有意義な時間を過ごすことができました。
いただいた気づきを、私たちの団体でも実践していきたいと思います。

 

【活動報告】第14回ハカセ喫茶「鶴見喫茶」開店♪(2017.7.14); ?> )

2017年5月、国の天然記念物であるコウノトリが、北広島町大朝に飛来してきました。
飛来を機に「コウノトリをもっと知ろう」と、「鶴見喫茶」が2017年7月14日、大朝で行なわれましたので、レポートします。

大朝地域でははじめてのハカセ喫茶「鶴見喫茶」の開店です!
会場は、大朝のわさまち通り商店街にある 福光酒造株式会社さんです。
実はまだリニューアルオープン前だそうですが、快く引き受けてくださいました。佇まいがとてのステキな空間です。
お菓子は からしろ館にお願いして、「ベルグス」のお菓子セット。
ボリュームがある塩ロールとシュークリームで甘さいっぱいの口福を感じました。

今回のハカセは、野鳥や哺乳類の専門家として観察会ではお馴染みの上野ハカセです。聞き手は芸北 高原の自然館の学芸員 白川 勝信ハカセです。
上野ハカセは、わざわざこのイベントのために、兵庫県にある「 兵庫県立コウノトリの郷公園 」にも行かれたそうで、どんなお話が聞けるのか、わくわくしながら、スタートしました。
まずは上野ハカセに、「なぜコウノトリなのに鶴見喫茶なのか?」という、疑問に答えていただきました。
昔はコウノトリとツルはよく混同されて考えられていたそうです。
例えば花札の絵に、松に舞っているツルが描かれていますが、実はこれはツルではなくコウノトリなんだとか。
ツルは「掴む」という仕草のできない足の構造上、樹上に止まるということは出来ない鳥と説明がありました。「掴む」ことができ、樹上に止まることができる足の構造をしているコウノトリが、ツルと間違われて、描かれてしまった結果、樹上に止まるツルという、本来はあり得ない構図が出来てしまったということです。
確かに、コウノトリもツルも大型の白い鳥。
遠目に見たら、コウノトリがツルに見えてしまったのかもしれませんね。
他には、ヨーロッパやアフリカにいる、「赤ちゃんを運んでくるコウノトリ」であるシュバシコウ、ちょっと頭あたりの羽毛が残念なハゲコウなど、コウノトリの仲間の写真での紹介もあり、参加者は真剣に、スライドに注目して、ハカセたちの話に耳を傾けていました。
少し休憩を挟んだあとは、大朝に飛来してくれたコウノトリの個体についての詳しい話に移ります。
日本のコウノトリは、足に足輪がはめられており、その色や順番で、一般の人にも個体識別ができます。
上野ハカセ曰く、大朝の個体J0103は、2015年に生まれた若いメスで、人間でいうと、まだまだ子供のコウノトリだそうです。お母さんは年上女房で、どちらかというとお父さんが子万能で、子育てをしっかりするカップルなんだとか。今年もこの両親の間に、J0103の兄弟が無事に生まれたという、嬉しいニュースも聞かせてもらえました。
会場からの質問に「数が少ないから、近い血同士でのカップルの心配はないのか?」というものがありましたが、なんと、巣立ちしたコウノトリはオスは近場生息し、メスは遠くへと旅立つ習性があると、上野ハカセが答えてくださいました。 近親でつがいにならないように、本能に組み込まれているんですね。
「おお〜」「自然ってすごい!」という感嘆が、あちこちからあがっていました。 このように、コウノトリの生態や生息環境を知ることで、もっと身近な生きものになったのではないでしょうか。

最後に、会場で参加者全員の集合写真を撮影しました。
福光酒造の福光さんや、協力してくださった NPO法人INE OASAIの堀田理事長からのコメントなどもあり、チャレンジされている「里山を感じる!大朝サイクリング事業」の紹介もありました。
大朝地域で初開店の「鶴見喫茶」は大いに盛り上がり閉店しました。


 

 

【イベント案内】せどやまの植物観察会(秋); ?> )

見た花を写真で記録するのも,観察会の醍醐味の一つ

  • 開催日時:2017年9月9日(土) 9:30
  • 集合場所:調整中
  • 講師:佐久間智子・中島康弘
  • 準備:基本セット
  • 定員数:30名
  • 参加費:
    • 一般=300円
    • 賛助会員=100円
    • 正会員・中学生以下=無料

せどやま(家の裏山)や田んぼの周りを歩きながら,身近な場所に生育する植物を観察します.事前学習の後,車で現地に向かい,林の中や林の縁,道ばたや田んぼの畦などをゆっくりと観察します.

お申し込みはこちらから

○初めて参加される方は,以下の項目もご記入ください.

○以下は,任意でご記入ください.