投稿者「staff」のアーカイブ

【メディア出演】広島ホームテレビ「地球派宣言」取材(2023.2.1.放送予定)

真冬の八幡!という景色の中、アニマルトラッキングについて、広島ホームテレビ「地球派宣言」の取材を受けました。
NPO法人西中国山地自然史研究会の理事長であり、専門員である上野さんが出演しました。
真冬の動物たちは一体どのように過ごしているのか。雪の上に残された痕跡を見つけながらの取材でした。
放送は2023年2月1日(水)予定だそうです。
お時間がある方は是非、チェックしてみてくださいね。


深雪の高原の自然館前で解説する上野さん(右)。


高原の自然館隣の山麓庵横で、テンの足跡を見つけた。
夜行性だが、雪上についたた足跡で、どのように夜を過ごしたのかが推測できる。


本日のおーいの丘。
真っ白い雪原がただひたすら広がっていた。

【おしらせ】寄附受領証明書につきまして。

ご寄付いただいたみなさまへ

いつも当研究会へご支援をいただきまして誠にありがとうございます。
いただきましたご寄付は、大切に活動へと使わせていただいております。

さて、現在寄附受領証明書について、お問い合わせをいただいております。
当研究会で2022年1月~12月にあったご寄付につきましては、まとめて2023年1月中に証明書をお送りする予定で作業を進めております。
ご確認が必要な方は、電話:080-6334-8601もしくはメール:staff@shizenkan.infoにてお知らせください。

今後とも当研究会へのご支援をよろしくお願いいたします。

【イベント案内】雪原のトレッキング(2023.2.5.開催)

真冬の八幡高原はどんな姿を見せてくれるのか、スノーシューやかんじきを履いて歩いてみましょう。積雪のため、道のない場所も歩く事ができます。動物達の足跡や食痕などのフィールドサインの他、ユキグロカワゲラやトビムシなどの雪の上で生活するユキムシも探してみましょう。

  • 開催日時:2023年2月5日(日)10:00〜12:00頃まで
  • 集合場所:高原の自然館
  • 講師:上野吉雄
  • 準備物:基本セット(山を歩ける服装,雨具,飲み物,おやつ,筆記用具,メモ帳)、自然観察手帳、かんじき(かんじきレンタル1組400円で行なっています。数に限りがありますので、ご予約をお願いします)
  • 定員数:30名
  • 参加費:小中学生・観察手帳をご持参の場合:無料
    一般:500円

お申し込みはこちらから

    ○初めて参加される方は,以下の項目もご記入ください.

    ○以下は,任意でご記入ください.

    あけましておめでとうございます(2023.1.6)

    2023年、あけましておめでとうございます(・∀・)!!
    昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。
    今日は8日開催の観察会の様子見に、八幡まで久々に足を伸ばしてみましたよ〜(・ω・)b

    今年は卯年。
    はっきりくっきりとした、ウサギの足跡がありました(・∀・)♪

    こちらには段差をジャンプ!して着地したような足跡も。

    自然館横の、小さな沢にも雪が積もって幻想的な光景に。

    雪と陰影とのモノクロ風味な景色が広がってます。

    木々の間に、パッと目を引く鮮やかな薄緑色。
    枯葉にぶら下がるのは、多分ヤママユの繭。

    自然館はこんな感じで雪に半ば埋もれてました(・ω・)!!

    1月6日現在、道路の雪はほぼない状態。
    今日、明日と少し降雪がある予報ですが、8日はどんな感じになるのか楽しみです(・∀・)!!

    今年も一年ありがとうございました!(2022.12.28)

    雪景色の芸北からこんにちは(・∀・)!!
    今日、12月28日は仕事納めの日。
    今年一年、どうもありがとうございました。
    また来年もどうぞよろしくお願いします。

    みなさま、よいお年をお迎えください〜(・ω・)b

    来年は卯年、ということでウサギの足跡を探しにいきました、が…。

    一本すーっと伸びてるように見えるから、キツネかな?

    こっちもまっすぐの一筋なので、多分キツネの足跡。

    斜めに二つずつついてるこちらはきっとテンのもの。

    いろんな足跡が交差しているところもありました(・ω・)♪♪

    雪原の樹影と足跡の素敵なアートも見っけ!!

    …ウサギさんどこー!?