芸北茅プロジェクト

事業について

芸北の原風景

かつて芸北の民家は、茅(ススキ)で屋根が葺かれていたそうです。一軒の屋根を葺くのに大量の茅が使われたため、各集落には必ず「茅畑(かやばた)」と呼ばれるススキ原がありました。時代が移り、トタンや瓦が普及すると、茅は使われなくなり、茅葺きの建物が並ぶ風景は姿を変えていきました。そして今、茅葺きの技術を持った人はほとんど居なくなり、茅葺き屋根を葺ける人や技術が芸北から消えつつあります。

事業の背景:茅葺き屋根の減少

茅葺き屋根の減少は、野生の生きものにも変化をもたらしました。ススキが使われなくなったことでススキ原は森になりました。すると、キキョウ、カワラナデシコ、オミナエシなどの草原の生きものたちが姿を消し、森はツキノワグマやイノシシなど獣の潜み場になりました。茅葺きの建物は昔ながらの風景を作っていただけでなく、ススキ原の景観や生きものを守り、獣が里に出てくるのを防いでいたのです。

芸北茅プロジェクトの目的

私たちが進める芸北茅プロジェクトは、芸北に生えている茅を活用することで、伝統的な建築物や技術を伝えるとともに、ススキ原の生物を守り、地域通貨の流通を通じて地域を活性化させる取り組みです。芸北中学校とPTAが中心となって取り組むことで、子どもたちが地域の資源や自然、経済について学ぶ機会を作っています。

取り組みに参加してください

プロジェクトの推進には、茅を出荷してくださる「刈り人さん」の協力が欠かせません。ぜひ、地域の茅を刈り取って茅金市場に出荷してください。

藝州茅

芸北茅プロジェクトでは、長さ180cm以上の真っ直ぐなススキを、直径20cm〜25cmに束ねたものを「藝州茅」として市場に受け入れています。出荷の際はご確認ください。

事業内容

茅の受け入れと、せどやま券の発行

1年に一度「茅金市場」を開いて、地域のみなさんから茅を受け入れます。
受け入れの際には検品して、出荷量に応じてせどやま券と交換します。
せどやま券は、地域の商店で利用できます。

茅の保管と販売

受け入れた茅は、保管場所で換気をしながら保管して販売します。
茅は個人宅から文化財建築まで様々なところで使われます。

カヤプロを通じた学び

茅金市場での茅受入れを担うのは、芸北中学校の生徒です。
市場の広報活動や、入荷時の検品、地域通貨の発券など、地域資源の流通に関わることで、地域資源の活用や生物多様性の保全方法について学びます。

受賞等履歴

さとやま未来大賞2017 in ひろしま『未来のたね賞』(2017年)

  • 主催:広島県 https://hirosato500.com/contents/5410/
  • 趣旨: 中山間地域にあるものを活かして、新しい価値の創造につなげている好事例を「さとやま未来大賞」として顕彰し、その活躍を応援するとともに、プロセスやノウハウを共有することによって、取組のさらなる普及をめざす。

芸北茅プロジェクト実行委員会

  • 北広島町立芸北中学校(価値化部門、事務局)
  • 芸北中学校PTA(事業化部門)
  • 認定NPO法人 西中国山地自然史研究会(事業化部門、事務局)
  • 北広島町教育委員会(事業化部門)
  • 北広島町立 高原の自然館(価値化部門)

お問い合わせ先

  • 藝州茅を買いたい:北広島町教育委員会:080-5812-1864
  • 茅金市場に茅を出したい:北広島町立芸北中学校:0826-35-0151
  • 視察をしたい,その他全般:西中国山地自然史研究会:080-6334-8601

紹介冊子

芸北せどやま再生事業の内容は,以下の冊子もご覧下さい.

芸北茅プロジェクト冊子

芸北茅プロジェクト−芸北の茅を使ってふる里を守ろう!−