タグ別アーカイブ: 2012年度

早春のトレッキング; ?> )

  • 開催日時:2013年3月24日(日) 10:00
  • 講師:上野吉雄

 春霞の空で日差しの暖かさを感じる中,高原の自然館前に21名が集まりました.今回のトレッキングは自然館の裏を回り,千町原を通り,道路に出て一周するコースです.「今の時期にしか見えないものや,鳥が見られるかもしれませんよ」と,講師である上野先生の言葉に期待しながら出発しました.
 出発してすぐ,ハタネズミの堀跡や,ウサギの糞など,冬に動物が生活をした跡を見つけました.「これらは日が進んでいくと見えなくなるため,見ることができるのは今だけ」と,上野先生が解説されました.他にもモグラの堀跡を見たり,コガラやウグイスの鳴き声を聞いたりしながら進んでいきます.進む先では,ホオジロもいましたが,すぐに飛んでしまい,見ることが出来なかった方もいました.千町原に着くと,イカルやトビをしっかり見ることができました.特にトビは,すぐ近くで急降下し,カエルを捕らえる瞬間観察しました.一瞬でしたが,とても印象に残りました.草原に生息する鳥ノスリが見れなかったのが少々残念でした.
 他にも冬枯れのタムラソウや,レンゲツツジの果実と冬芽,ウスタビガの繭など冬と春の境目を感じるものを見つけました.観察していると少し離れた所からアカゲラのドラミングを聞くことが出来ました.「ドラミングは餌を捕るためではなく,縄張りの主張や求愛の時に鳴らす音」と,解説されました.観察会も終盤に近づき,千町原のシンボルであるヤマナラシの近くまで来ました.木製の車両止めの根本を観察してみると,ワラジムシ,ザトウムシなどを見つけました.地面との隙間を縫うように入り,冬をしのぐ姿に皆さん驚かれていました.虫の観察が終わると,上野先生がホオジロを見つけました.木の枝に長時間じっとしていたので,先ほど見ることが出来なかった方も見ることができました.肉眼で見たり,フィールドスコープを覗き込んだりと様々な楽しみ方をしました.しばらくすると,すぐ近くの空でオオタカも姿を見せてくれました.苅尾山の稜線を越え姿が見えなくなるまで観察しました.
 去年と違い雪がなく,鳥,昆虫,動植物などからも,少しずつ八幡にも春が近づいて来ていることを感じられた観察会となりました.[はたもとやすひこ]

みなさんの印象に残った物

「トビがエモノをとりに急降下したこと」「イカルを見たことが良かった」「モグラの掘り起こした土が沢山あっておどろいた」「テンが巣を作るのに家の壁を登っている」「ハタネズミの通路,モグラ塚」「緑のマユ(2)」「ワシ,タカがネズミのおしっこが見えるというお話」「タカが見れたこと,ガのまゆ」「ヨシというものをみたこと」「ヤマナラシの大木」「ヤママユのことです」「トビがカエルをとったこと」「ホオジロをみたこと」「ヤマナラシの大木と花が見れた事,オオタカの飛ぶ姿」「ムカデ,虫たちの冬の隠れ場をひっくり返して面白かった」

参加したみなさんの感想(抜粋)

「今年は雪も少ないのでビックリです」「天気に恵まれていい山歩きでした」「春の予感」「楽しかった(2)」「1月の雪の時と同じコースだったが,春の生き物の動きを感じることができた」「春らしさを感じられた」「おてんきがよくてあったかくてたのしかったです」「動物や植物がいっぱいあったこと」「楽しかったです.早春の木の芽勉強しました」「なかにさなぎがしんでいた」「色々な生き物が見れて良かったです」「雨の予報がいいお天気になって大変楽しく歩けて,たくさんの動物の跡が見られて良かったです」「もうすっかり春でトビも観察できてよかった」「鳥をいろいろ教えていただき良かったです」

具体的に

「わかりやすく説明していただいてよかった.」「子供にもやさしく接して楽しそうでした」「かんじよく話しやすい先生なので」

自由記入

「子供さんの観察力が素晴らしい」「糸を作りたいです」「講師が話されている時はみんな静かに聞いて欲しい」

写真

例年なら残雪がある八幡もこの通り.上野先生からコースの説明を受ける参加者たち.
例年なら残雪がある八幡もこの通り.上野先生からコースの説明を受ける参加者たち.「あ,鳥がいる!」トビでした.
「あ,鳥がいる!」トビでした.おーいの丘では草原に棲むノスリを待ち空を見上げるものの,今回は出会えなかった.
おーいの丘では草原に棲むノスリを待ち空を見上げるものの,今回は出会えなかった.レンゲツツジも目立っていた.
レンゲツツジも目立っていた.子どもたちは観察の合間に遊んでみたり・・・.
子どもたちは観察の合間に遊んでみたり・・・.ヤマナラシの樹皮は特徴的.ぜひ触って感じてみてほしい.
ヤマナラシの樹皮は特徴的.ぜひ触って感じてみてほしい.ザトウムシやムカデを観察.おそるおそる覗き込む子どもたち.
ザトウムシやムカデを観察.おそるおそる覗き込む子どもたち.

ブッポウソウの保全活動; ?> )

  • 開催日時:2013年3月9日(土) 10:00
  • 講師:上野吉雄・暮町昌保・浄謙彰文・下杉孝

 空は青く澄み渡り,雪もすっかり溶けて春の息吹が感じられる朝,北広島町川小田でブッポウソウの巣箱づくりが行われました.参加者は,西中国山地自然史研究会の有志6名です.
 暮町先生より巣箱づくりを指導いただき,板や釘などの材料のほか,槌やのこぎり,電動のこぎりなど必要な工具一式も用意してくださいました.
 参加者は予め用意された設計図を見ながら,巣箱づくりに取りかかりました.巣箱の底板の四隅を少しカットして雨水が入っても抜け落ちるようにしました.巣箱を架ける時に,おがくずを敷くとの説明がありました.約1時間半で予定していた11個の巣箱が完成.巣箱を前に記念写真を撮りました.
 その後,上野先生より,ブッポウソウの生態について次のように説明がありました.
 ブッポウソウは渡り鳥で,日本には4月下旬から5月の初旬にかけて特にボルネオ島を中心とする東南アジアからはるばる4,000Km飛来する夏鳥である.繁殖形態は卵生で5月から6月にかけて行なわれる.1回に4〜6個の卵を産み,抱卵日数は20日で孵化する.巣の中には貝殻,プルタブ,瀬戸物のかけらや小石などがある.この習性はヒナがこれらの堅いものを飲み込み,筋胃(消化器官の砂嚢)に入れておき,昆虫の堅い殻をすりつぶすために親鳥がヒナにこれらを与えている.ブッポウソウが巣箱の中で死んだ場合,骨と共に筋胃のみが残っていることからもその胃の強靱さが分かる.ちなみに,何万年も前,雑食恐竜. 獣脚類( じゅうきゃくるい )の一部には,堅いクチバシは持つものの歯の無い恐竜がおり,これが進化して鳥になったとも言われている.食性は動物食で主にトンボ類,セミ類,カゲロウ類,甲虫類などの昆虫類等だそうです.こうした昆虫類の多くなる季節にブッポウソウがやってくる.また,ブッポウソウの特色として,飛翔しながら獲物を捕食するいわゆるフライイングキャッチが見られる.
 東南アジアから日本まで何を頼りにやってくるのかが謎だが,星座を見る本能が備わっており,星座を読みながら渡ってくると言われている.島々で羽根を休めながら,はるばる遠い距離を渡ってくる.雛鳥が飛翔するようになると9月頃親鳥が先に東南アジアを目指して飛んで行き,雛鳥は独力で渡っていく.
 生息域内では平地から山地まで分布し,水辺近い森林に生息する.寺や宮などの大きな木の樹洞や木製の電柱等を利用することもあるが,近年電柱はコンクリート製や鋼管製に変わり,巣にする適当なものが無くなっているため,ブッポウソウの生息数が激減している(環境省レッドリスト絶滅危惧ⅠB類(EN)指定).絶滅に瀕しているブッポウソウの繁殖を手助けするため,私たちが巣箱作りをしている.
 以上のようなお話を,参加者は熱心に聞き入りました.
 作製した巣箱は,4月14日(日)に,川小田周辺や芸北地域内に架ける予定です.鋼管柱かコンクリート柱に架けます.
 暮町先生の用意周到な準備により,効率的に巣箱づくりが進み,玄人はだしとはこのことだと目を見張るものがありました.長年の経験と智恵をフルに活かし,材料と時間の無駄を排除,ブッポウソウが健やかに育つよう配慮され,きれいに出来上がった巣箱に感嘆しました.
 上野先生の知見による専門分野の話は,尽きることなく豊富で,楽しいものでした.ブッポウソウに本能として星座読む能力が備わっている話には,自然界の不思議さを感じずにはいられませんでした.
 次回の巣箱架けに続いて,プリズム様の羽根で急降下する姿を見る日を楽しみにしています.(しもすぎたかし)

写真

上野先生も一緒に制作.
上野先生も一緒に制作.効率よく巣箱を作っていく.
効率よく巣箱を作っていく.出来具合を確認しながら作業する.
出来具合を確認しながら作業する.完成した巣箱と記念撮影.
完成した巣箱と記念撮影.しっかりとした出来具合に満足.
しっかりとした出来具合に満足.

【イベント報告】冬を生きる動物の生態; ?> )

  • 開催日時:2013年1月14日(月) 10:00
  • 講師:上野吉雄

 みぞれのような雪が時折降っては止む曇り空の中,高原の自然館前に23名が集まりました.当日は60cmほどの積雪で,昨年に比べると5分の1と少ない積雪でしたが,参加した子どもたちは雪を楽しんでいました.
 講師は上野先生です.今回は自然館の裏から “おーいの丘”を回り,千町原を通り,道路に出て一周して戻るコースで,かんじきやスノーシューを履いて出発しました.
 出発をしてすぐにテンがいた痕跡を見つけました.雪を通ってできた道の大きさや,足の形からわかるそうです.「テンは民家の屋根裏に入ってネズミを捕ったり,住み着いて冬を超すこともある」と教えていただきました.また,雪の重みで寄生した宿主の木から落ちたヤドリギを見つけました.ヤドリギの実は冬場に鳥類が食べるエサになるそうで,落ちていた枝にはほとんど実が残っていませんでした.
 新雪に足をとられ,苦戦しながらも進んでいくと,今度は背の低い木からウサギの食跡を見つけました.ウサギの食跡は枝の部分がナイフで切った様に鋭く尖るのが特徴で,他の動物との区別がつくそうです.他にも,ヒヨドリの鳴き声を聞き,雪の上で生活するトビムシやクロカワゲラという小さな小さな虫を見つけました.トビムシはお腹にバネのようなものがあり,雪の上をとび回って逃げてしまうので私は姿をみることができませんでした.
 小川を抜けると,立派なヤマナラシの木がありました.木の周りの雪がうっすらと黄色く染まっていて,最初は「何かの動物の尿かな?」と思っていると,尿ではなく樹液だと知りました.この樹液は凍結を防ぎ,それが枝先から出たのではないかとのことでした.また,樹液の匂いなのか,うっすらと甘い香りがするそうですが,残念なことに寒さで鼻が詰まり,その匂いを感じることができませんでした.
 千町原と道路の境目では,より多くのトビムシを見つけました.ここではしっかりと姿をみることができ,さらには,アリやハチ,クモを見つけました.どれも普段よく見る姿とは違い,体が小さく,動きがゆっくりとしていました.
 道路にでるといつも見慣れていた景色とは印象が変わり,出発場所が見えてくるまで自分がどこを歩いているのか分からないほどでした.除雪された地面に足をおろして,雪の深さや,去年の積雪量に驚きつつ,観察会は終了となりました.
 前夜からの積雪で足跡は見られませんでしたが,食跡や小さな昆虫など,意識をしなければ見られない光景や生きものを確認することができました.寒い季節でも様々な方法で,雪の上や雪の中で生活しているものがたくさんいるということを知ることができて.とても有意義な観察会となりました.

みなさんの印象に残った物

「虫が多かった(3)」「雪,クモ」「トビムシ(2)」「小さい昆虫が見られたこと」「雪の中に生き物があんなにいるのには驚いた.」

参加したみなさんの感想(抜粋)

「かんじきが面白かった」「大勢の参加で楽しかったです」「楽しかった(2)」「はじめての雪上散歩でとても楽しかったです」「雪の上で暮らしている虫がいるとは思わなかった.すごく面白かった!!」「雪の中でも色んなことが見られて良かった」「昨夜の雪で動物の足跡がなくて残念」

写真

足下にきをつけてゆっくりと出発.せつげんではどんな者が見えるかな?
足下にきをつけてゆっくりと出発.せつげんではどんな者が見えるかな?大きなヤマナラシは葉も落ちて雪で白くなっていたが,樹液を出して,寒い中でも生きていることを見せてくれた.
大きなヤマナラシは葉も落ちて雪で白くなっていたが,樹液を出して,寒い中でも生きていることを見せてくれた.肉眼で見るのは難しい,小さなトビムシ.雪の上で元気に飛んでいた.
肉眼で見るのは難しい,小さなトビムシ.雪の上で元気に飛んでいた.一面白色に染まったことで見慣れているはずの道路も,どこか幻想的な景色に見えた.
一面白色に染まったことで見慣れているはずの道路も,どこか幻想的な景色に見えた.鳥達がほとんど食べてしまったヤドリギに少しだけ実が残っていた.
鳥達がほとんど食べてしまったヤドリギに少しだけ実が残っていた.クロスカントリーを使うと,下り道も楽々と通過.
クロスカントリーを使うと,下り道も楽々と通過.小さな小さなカワゲラが見えるかな?
小さな小さなカワゲラが見えるかな?

【イベント報告】かんじき作り; ?> )

  • 開催日時:2012年12月9日(日) 10:00
  • 講師:坂井健作

景色が一面真っ白になるほど降り積もる雪の中,7名がかんじき作りに集合しました.今回の講師は「きたひろしまの名人」に認定されている坂井健作先生です.最初に,ロープを8m50cmに切り,準備します.切った所からほつれないようにビニールテープを巻きます.次に,自分にあった木枠を選びます.今回使う木はミヤマガマズミです.軽くて柔らかく,熱での加工がしやすいのが特長で,坂井先生が木を切り,曲げて,木枠にする作業をていねいにして下さっていました.いよいよかんじき作りです.まず,右足から作っていきます.参加者は坂井先生の手先に視線を集中させ,手順を覚えて一緒に作っていきます.時折分からなくなっては教えてもらいながら,完成に近づいてきましたが,最後の段階で結ぶ「男結び」という結び方が難しく,去年のかんじき作りに参加された方も「1年経つとすっかり忘れてるものですね」と苦戦されているようでした.時間をかけて右足分が完成すると,次は左足部分を作っていきます.最初に比べると慣れた手つきになり,右足のときよりも早い時間で完成することが出来ました.完成した後も男結びをマスターしようと頑張ったり,かんじきの履き方を学んだりと,あっという間の2時間でした.また,自分が作ったかんじきでウォーキングをしたというお話や,違う造りのかんじきを見せていただいたりと,なごやかな雰囲気でかんじき作りをすることができました.今年は積雪の時期が早く,かんじきの出番も多そうです.自分の作ったかんじきで雪の上を歩くのがとても楽しみです.[はたもとやすひこ]

みなさんの印象に残った物

「木枠とヒモ一本でモノが出来ていくすごさ」「男結びが難しかったです(4)」「1年たてばいつも白紙です」

参加したみなさんの感想(抜粋)

「完成した時の感動がすごい」「全体的に良かったです」「男結びはむずかしい」「手しごとのむずかしさ,大切さを実感した.木のぬくもりあるものをのこしていきたい」「皆が楽しくできた良かったです」

写真

足の大きさなどを基準にして自分に合った木枠を選んでいく.
足の大きさなどを基準にして自分に合った木枠を選んでいく.長さがおかしくならないように,しっかりと固定してロープを切っていく.
長さがおかしくならないように,しっかりと固定してロープを切っていく.
まずは右足から製作開始.間違えないよう,忘れないよう,坂井先生を手本にゆっくりと巻き付ける
まずは右足から製作開始.間違えないよう,忘れないよう坂井先生を手本にゆっくりと巻き付ける右足が終われば今度は左足.慣れた手つきで作っていく.分からなくなったら手本を参考に.
右足が終われば今度は左足.慣れた手つきで作っていく.分からなくなったら手本を参考に.一番苦戦した男結びを勉強中.みんな出来るようになろうと坂井先生の手の動きに視線が集中する
一番苦戦した男結びを勉強中.みんな出来るようになろうと坂井先生の手の動きに視線が集中する結び方の練習中.履きごこちはどうかな?
結び方の練習中.履きごこちはどうかな?完成したかんじきを手に記念撮影.しっかり出来てみんな満足!
完成したかんじきを手に記念撮影.しっかり出来てみんな満足!

【イベント報告】紅葉・冬芽の観察会; ?> )

  • 開催日時:2012年12月1日(土) 13:30
  • 講師:斎藤隆登

 八幡高原では,木が葉を落とし,いつ雪景色になってもおかしくない時期です.この日も白いものが舞っていました.それでも,8名が参加して,樹木の観察会が実施されました.
 野外で観察をする前に,高原の自然館内で,齋藤先生に「冬の樹木の見方」を教えて頂きました.樹木を見る際に,夏であれば葉や花を頼りにしますが,冬には皮目や,冬芽,枝振りなどがヒントになります.冬の観察では,夏とは少し違った視点が必要で,難易度が高いようにも思えます.しかし,皮目・冬芽・枝振りなどは,夏にも見ることができるので,実は,冬に樹木を見ておくことで,夏の観察も,より楽しくできることになります.そんな話しを,実物の枝や資料を見ながら聞かせて頂きました.特に,斉藤先生が配布してくださった,自筆の線画が101種掲載されている「広島県産落葉樹木冬芽図譜」は,広島県内に生育する樹木のスケッチが載っており,みなさんに好評でした.
 室内で講義を聴いた後,おーいの丘まで歩きながら観察をしました.ツノハシバミ,ヤマザクラ,コマユミ,ウワミズザクラ,クリ,ヤマボウシ,コナラ,ミズナラ,クロモジ,ヌルデなど,どれも身近な植物ですが,冬の姿を観察することで,新たな一面が見えてきます.ヌルデは葉の主軸が冬芽を包んでいること,クロモジの冬芽は花を付けるものと葉だけのもので形が違うことなど,冬だからこそ見えてくる特徴があることに気付きました.
 冷え込みが厳しく,外を歩いたのはわずかな時間でしたが,室内の講義があったおかげで「どのような部分に着目すれば良いのか」を気にしながら観察することができました.植物観察の楽しみが広がった観察会でした.[しらかわかつのぶ]

みなさんの印象に残った物

「ウワミズザクラの芽」「冬芽をじっくり見ればひとつひとつ特長があり面白いです.雪山に登る際に楽しみが増えました」「花芽と葉痕とのあとが見られたので良かった」「ふだん気づかない所も細かく観察でき,検索の手助けになります」「木々がしっかり冬芽をつけ来春を迎える準備をしていたこと」

参加したみなさんの感想(抜粋)

「天候が少しきびしかったが,とても参考になりました.説明がよくわかりました」「寒かった〜」「はじめて冬芽の観察会に参加しました」「先生はよく観察されていると思いました」「小雪の中で寒い日ではあったけど,大変楽しく冬芽の観察が出来よかったです」

写真

斉藤先生から図鑑などを見ながら,「どこに着目するのか」という話しがあった.
斉藤先生から図鑑などを見ながら,「どこに着目するのか」という話しがあった.実物の枝と,先生自筆の図版を見ながらお話しを聞いた.
実物の枝と,先生自筆の図版を見ながらお話しを聞いた.小さい冬芽はルーペで観察.
小さい冬芽はルーペで観察.じっくり観察.
じっくり観察.屋内の講義の後は,観察のため,外に出た.
屋内の講義の後は,観察のため,外に出た.ここでもルーペが登場.
ここでもルーペが登場.並んで生えている木を比べながら観察した.
並んで生えている木を比べながら観察した.たくさんの冬芽を付けたクロモジ.
たくさんの冬芽を付けたクロモジ.クリの冬芽は,クリの実のように三角形.
クリの冬芽は,クリの実のように三角形.ヌルデの芽鱗痕を観察中.
ヌルデの芽鱗痕を観察中.帰ってきた頃には,青空の下に,雪を頂いた苅尾山が見えた.
帰ってきた頃には,青空の下に,雪を頂いた苅尾山が見えた.