タグ別アーカイブ: 2008年度

【イベント報告】ゴギの産卵観察会

昨夜の雨がすっかりあがり,暖かな観察会の朝となりました.八幡高原センターに11名の参加者が集まりました.今回の講師の内藤先生より,ゴギの生態についての詳しい説明から始まり,繁殖の様子がわかるビデオを見て現地での観察に備えました.ゴギは「日本海側の川の最上流域に生息するイワナ」といわれていますが,発見した場所がはっきりと特定されておらず,変異の経緯上でもイワナの分類は困難であることが資料や先生からのお話でわかりました.またゴギの地方名や,学名のお話,ヤマメやアマゴ,サツキマスのお話と多岐に渡り興味深い知識を得ることができました.産卵の様子も,先生が撮られたビデオをもとに,じっくりと解説していただき,現地での観察がますます楽しみになりました.はやる気持をおさえ,車に分乗して,現地へ向かいました.移動の途中では見頃を迎えている紅葉が秋を感じさせてくれました.昨年の観察会でゴギの姿を見ることのできたポイントでは,今回は見る事ができず,産卵床だけ確認できました.今朝内藤先生がペアを確認したというポイントでも,見ることができず,今日は姿をみるのはむずかしいかな,という話をしていたところ,別のポイントで先生が手招きをするので近寄ってみると,ゴギのペアがいました!メスが産卵床を掘り,オスはメスに近づこうとする別のオスを追い払っては,また近づき・・という行動をくりかえしていました.道路沿いからよく見える場所だったので,メスのおなかが婚姻色で赤いことや,大きさから2年目同士のペアだということ,産卵床の砂が掘られてガレが見えることなど,肉眼でも確認することが出来ました.産卵するにはもう少し時間がかかるだろう,とい先生が言われていたので,観察会中に産卵の様子を見ることはできませんでしたが,ゴギの産卵生態がとてもよくわかりました.例年に比べ,早い時期の観察でしたが,参加者全員でじっくりとゴギの姿,生息環境を目の当たりに見ることができ,楽しい観察会となりました.

最初に高原センターに集まり,資料を見ながら内藤先生のお話を聞く.
最初に高原センターに集まり,資料を見ながら内藤先生のお話を聞く.
産卵については,ビデオを見ながら詳しく解説していただく.
産卵については,ビデオを見ながら詳しく解説していただく.
最初のポイントに到着.ここにでは姿を見ることができなかった.
最初のポイントに到着.ここにでは姿を見ることができなかった.
橋の下に作られた産卵床.ドロなどが払われて石が現れている.
橋の下に作られた産卵床.ドロなどが払われて石が現れている.
次なるポイントへ移動.内藤先生が,そっと近づき確認.残念・・ここにもいなかった.
次なるポイントへ移動.内藤先生が,そっと近づき確認.残念・・ここにもいなかった.
川を気にしつつ,景色も楽しむ参加者.
川を気にしつつ,景色も楽しむ参加者.
流れがあまり速くなく,水深も浅い場所がゴギの産卵床に適しているようだ.
流れがあまり速くなく,水深も浅い場所がゴギの産卵床に適しているようだ.
やっとゴギの姿を見ることができた!警戒心が強い魚なので,観察はそろーり,そろーり.
やっとゴギの姿を見ることができた!警戒心が強い魚なので,観察はそろーり,そろーり.
奧がオスで,手前がメス.オスがメスに近づいたり,離れたりをずっと繰り返していた.
奧がオスで,手前がメス.オスがメスに近づいたり,離れたりをずっと繰り返していた.
寄り添っているペア.産卵まではもう少し時間がかかりそうだ.
寄り添っているペア.産卵まではもう少し時間がかかりそうだ.ゴギの方もギャラリーに慣れてきた??肉眼でも見えるけれど,双眼鏡を使ったら,体の模様などがはっきりと見えた.
ゴギの方もギャラリーに慣れてきた??肉眼でも見えるけれど,双眼鏡を使ったら,体の模様などがはっきりと見えた.
時折メスが体をひるがえし,尾で産卵床を掘る.おなかに見える赤い色は,メスの婚姻色.
時折メスが体をひるがえし,尾で産卵床を掘る.おなかに見える赤い色は,メスの婚姻色.
ゴギの特長である,白い斑点が頭部まであるのがわかる,
ゴギの特長である,白い斑点が頭部まであるのがわかる
最後にまとめをして,解散.さきほどのゴギのカップルが無事産卵できることを祈って.
最後にまとめをして,解散.さきほどのゴギのカップルが無事産卵できることを祈って.

【イベント報告】紅葉と冬芽の観察会

午前中から引き続き参加された方も含め,8人で掛頭山へ行きました.現地へ行く前に,今日の資料「広島県産落葉樹木冬芽図譜」齋藤隆登氏作成を見ながら,101種の中から掛頭山で見られるであろう植物のチェックをしました.山頂までは上がらず臥竜山からの縦走路が合流する付近に車を止めて,しばらく車道を歩きました.まだ紅葉していない木も多く,つい葉っぱで特定してしまいがちになりながら,クリの枝を例に,去年今年の成長度,すでにできている冬芽の確認,樹皮の特徴などのお話を聞きました.

ウリハダカエデの冬芽や樹皮,ヌルデの枝にめり込んだ冬芽と馬蹄形の葉痕,エゴノキの上下2段構えの冬芽は虫に食べられるなどハプニングが有ったときの予備で有ること,やはり2段構えのアサガラの芽,リョウブの樹皮や枝振りの話,同じカエデでもイタヤカエデやウリハダカエデの冬芽とオオイタヤメイゲツやハウチワカエデなどの冬芽は違っていてハチマキをして毛が生えている,カシワのかたまった複数の冬芽や樹皮,コシアブラの葉痕に見られる維管束痕は11コでタカノツメの7コと区別出来る事など,たくさんのものを観察し,車の往来が激しいので登山道へと進みました.林内には下生えとしてチュウゴクザサがあり,イヌシデの枝の毛,アズキナシのちょっとふっくらした芽で別名ハカリノメのとおり枝に白く点々が見られる事,その他ウワミズザクラ・ブナ・スノキ・サルナシ・ハリギリ・ハウチワカエデ・オオウラジロノキ・ヤマハンノキなど観察しました.登山道から再び車道を歩いて下山しましたが,ウリハダカエデの紅葉など美しい中,のんびりと楽しく観察会ができました.下山中道路にクマのフンが多数有ったのにはみんなびっくり.落とし物を踏まないよう気をつけて歩きました.

掛頭山で見られるものは?
掛頭山で見られるものは?
講師の斉藤先生.
講師の斉藤先生.
クリとはわかるんですが...
クリとはわかるんですが...
虫眼鏡でじっくり観察.
虫眼鏡でじっくり観察.
登山道に入った.
登山道に入った.
ここでも 冬芽や葉痕をじっくり観察.
ここでも 冬芽や葉痕をじっくり観察.
ブナはまだ黄葉していない.とがった冬芽.
ブナはまだ黄葉していない.とがった冬芽.
カシワの黄葉とどんぐり.
カシワの黄葉とどんぐり.
ウリハダカエデの紅葉と種.
ウリハダカエデの紅葉と種.
リンドウが咲いていた.
リンドウが咲いていた.道路に出たら空がきれいだった.
道路に出たら空がきれいだった.
モミジの紅葉を楽しみながら下山.
モミジの紅葉を楽しみながら下山.
足元注意,クマのフン有り.
足元注意,クマのフン有り.
ホオノキの葉っぱ.
ホオノキの葉っぱ.
のんびりと観察会終了.
のんびりと観察会終了.

【イベント報告】霧ヶ谷実験地の植生調査

秋晴れの空のもと,霧ヶ谷実験地の植生調査に14名のみなさんが集まってくださいました.この実験地は,現在行われている霧ヶ谷湿原の自然再生事業を支えてきた重要な場所です.今回で7年目を迎える植生調査となりました.最初に自然館の中で集合し,白川学芸員より,なぜこの調査が始まったのか,またどんな役割を果たしているのか,再生事業地の状況などを,パンフレットをみながら,多岐に渡る説明がありました.植生調査には初参加の方も数名いらっしゃいましたが,みなさん真剣な面持ちで説明に聞き入っていました.調査の前に,去年工事が終了している自然再生事業地を見学しました.水が廻っている様子や,導水路に生き物が生息している様子も見ることができました.子ども達が水の冷たさに驚いていたのが印象的でした.その後実験地に移動し,3班に分かれ,調査開始です.プロット番号の場所を探し,ポールを設置します.1m×1mの範囲の中の植物名をすべて書き出し,高さや状態などを計測します.場所により少しずつ植生が違っていたのが興味深かったです.また,私が調査した場所にはすべてカラコギカエデがあったので,種が良く飛ぶからなのかなと想像しました.ノイバラのとげの痛さと,思った以上の日差しにまいりながらも調査を終えました.その後,今年の工事予定地を見学しました.まだ木を切っただけの為,去年の工事地と比べてみると,ずいぶん殺風景に見えます.これから水を廻すための工事が始まるそうですが,去年の工事地と同様に,湿原化を見守ることのできる貴重な場所です.どんなふうに変化していくのか,楽しみになりました.霧ヶ谷実験地の植生調査を続けてきたことが,自然再生事業につながっていると実感することもできました.今回で実験地の植生調査は一旦終了し,今度は再生事業地を見ていく予定です.調査に協力してくださったみなさま,ありがとうございました.

八幡湿原自然再生事業のパンフレットを見ながら,霧ヶ谷湿原のすがたを確認した.
八幡湿原自然再生事業のパンフレットを見ながら,霧ヶ谷湿原のすがたを確認した.
現地にて調査方法を詳しく教えて頂く.
現地にて調査方法を詳しく教えて頂く.
1班は即席班ながら,すらすらと植物名がでてきて,調査がはかどった.
1班は即席班ながら,すらすらと植物名がでてきて,調査がはかどった.
葉の明点の有無を確認中.
葉の明点の有無を確認中.
このプロットのほとんどが倒れたイに覆われていた.
このプロットのほとんどが倒れたイに覆われていた.
2班の調査はどんどんと進んでいた.
2班の調査はどんどんと進んでいた.
3班の様子.
3班の様子.
鳥の巣を発見.ハンモック状にぶらさがっていた.
鳥の巣を発見.ハンモック状にぶらさがっていた.
全員集合し各班の様子を報告しあう.
全員集合し各班の様子を報告しあう.
調査終了後にみんなで記念撮影.「おつかれさまでしたー」
調査終了後にみんなで記念撮影.「おつかれさまでしたー」
去年の工事地.湿地生の植物や生物の姿をしっかりと見学.
去年の工事地.湿地生の植物や生物の姿をしっかりと見学.
今年の工事地の三面張り水路を見学.ここを取水堰にし,導水路を設置する.
今年の工事地の三面張り水路を見学.ここを取水堰にし,導水路を設置する.

【イベント報告】雲月山の植物観察会

少し曇り気味の空のもと,33名のみなさんが雲月山の駐車場に集合しました.この観察会は,翌日に行われた“はらっぱ談議”の関連行事だったため,県外からの参加者も多く集まりました.今回の講師は,和田先生,佐久間先生です.最初に雲月山の地図を見ながら,毎年の山焼きの状況や今日のコースなどの説明がありました.また,佐久間先生の調査によると,雲月山に生息する植物の種類は330種ということで,参加者のみなさんはその種類の多さに驚いていました.お話のあと,空模様を心配しつつ出発しました.秋の七草のうち,雲月山には6種生息しているということで,ハギ・クズ・オミナエシ・キキョウ・ススキ・カワラナデシコを見ることができました.登山道を登りながら,目に入る草花の名前を聞いたり,匂いをかいだりしました.和田先生は,「きれいに咲いている花だけでなく,草原をつくる植物にも目を向けて欲しい」とお話しされ,トダシバやオオアブラススキの紹介もありました.休憩をしながら,ゆっくりと歩き,ひとつひとつの植物をじっくりと観察しました.昔は葉の裏の綿毛を火口(ほくち)にしていたというハバヤマボクチや,ススキに寄生し,葉緑素を持たないオオナンバンギセルなど,草原ならではの花も楽しみました.また,山焼きが行われていない島根県側のササの丈が高かったり,火入れが行われた場所には花が増えていることに驚いたりと,山焼きの効果も目の当たりにしました.地元の参加者もいたため,次回の山焼きについての話題もでてきていたようです.車道に出て,白色のママコナや,釣り鐘型の花が可愛らしいサイヨウシャジンなどを観察し,参加者同士で感想を話したり,情報交換をしながら,駐車場に戻りました.まとめ時に佐久間先生より「観察会開始前は,雲月山に生息する植物は330種だったのですが,今日でまた増えました.」という,とてもうれしい報告がありました.毎年楽しみな雲月山の植物観察会ですが,今年も新たな植物に出会え,観察できたことに感謝しつつ帰路につきました.

はらっぱーも一緒に参加.
はらっぱーも一緒に参加.
配られた地図を参考に,山焼きをした場所を確認.今回は2005年と2006年に焼いたところをぐるりと回るコースだった.
配られた地図を参考に,山焼きをした場所を確認.今回は2005年と2006年に焼いたところをぐるりと回るコースだった.
山上憶良の歌を思い出すことから始まり・・最初に見つけたのはハギの花.よい匂いがした.
山上憶良の歌を思い出すことから始まり・・最初に見つけたのはハギの花.よい匂いがした.
オミナエシの匂いをかいでみる.どんな匂いかな??
オミナエシの匂いをかいでみる.どんな匂いかな??
一列になって登り始める.風が少し冷たく感じた.
一列になって登り始める.風が少し冷たく感じた.
カシワの葉を見て,カシワモチのお話.芸北ではカシワモチにはサルトリイバラの葉が使用され「まき」と呼ばれお盆に食べる風習がある.
カシワの葉を見て,カシワモチのお話.芸北ではカシワモチにはサルトリイバラの葉が使用され「まき」と呼ばれお盆に食べる風習がある.
ハバヤマボクチの葉を裏返して見る.白くてざらっとした感触だった.
ハバヤマボクチの葉を裏返して見る.白くてざらっとした感触だった.
こちらも葉裏が白いホクチアザミ.この葉を餅に入れると黄色いお餅になり,ウラジロモチと呼ばれていると参加者から教えてもらった.
こちらも葉裏が白いホクチアザミ.この葉を餅に入れると黄色いお餅になり,ウラジロモチと呼ばれていると参加者から教えてもらった.
オミナエシのお花畑.
オミナエシのお花畑.
休憩時間になにやら楽しそうな・・.何ができあがるんでしょう??
休憩時間になにやら楽しそうな・・.何ができあがるんでしょう??
できあがったのは・・ススキバッタでした.
できあがったのは・・ススキバッタでした.
「ここから火入れをする山が3つ見えるんですよ」とぐるりと周りを見渡してみる.深入山・雲月山,この日は見えなかったけれど三瓶山.
「ここから火入れをする山が3つ見えるんですよ」とぐるりと周りを見渡してみる.深入山・雲月山,この日は見えなかったけれど三瓶山.
「おぉーい」と皆を呼び戻して発見した花を順番に観察.
「おぉーい」と皆を呼び戻して発見した花を順番に観察.
ススキの近くにひっそりと咲いていたオオナンバンギセル.
ススキの近くにひっそりと咲いていたオオナンバンギセル.
牛たちの姿が見える.のどかな風景.
牛たちの姿が見える.のどかな風景.
白色のママコナ.
白色のママコナ.
この日も和田先生のギャグが炸裂.新作も聞かせていただきました.
この日も和田先生のギャグが炸裂.新作も聞かせていただきました.センブリの一年生.花が付く二年目の葉との違いに驚いた.
センブリの一年生.花が付く二年目の葉との違いに驚いた.
最後のまとめ.参加者より牛の放牧や,草原の昆虫について質問があがった.
最後のまとめ.参加者より牛の放牧や,草原の昆虫について質問があがった.

【イベント報告】カワシンジュガイの観察会

夏休み真っ盛り,快晴の観察会日和となりました.集合場所の文化ホールには日焼けした子どもたちが,元気よく集まってくれました.今回の講師は内藤先生です.20名の参加者のみなさんと,文化ホールの一室でスライドを見ながら,カワシンジュガイの生活史などを内藤先生よりレクチャーしていただきました.カワシンジュガイは北広島町の天然記念物となっています.カワシンジュガイの生息地は全国でも大変少なく,貴重な生き物だということが,配られた資料からもよくわかりました.今回観察する草安川では,近年の調査の結果,1200個体確認されているそうです.
お話を聞いた後,車で草安川に向かいました.去年より少し下の位置です.一面張りの川で,幅が細いため,一列になって進みます.ヘビの抜け殻やオタカラコウの大きな葉っぱなど,目を惹くものもたくさんありましたが,目指すのはカワシンジュガイ!川のはしっこの茂みの下を手で探ると,石のようなものが手に当たります.「あっ!」と思い,つかんでみるとやはりカワシンジュガイでした.手触りはかたい石のような,濃い茶色の貝です.スライドでみていたものの,やはり実物を手にするとうれしさがこみ上げてきました.どんなところに生息しているのかじっくり見た後,貝の観察もしました.少しあけていた口から中の様子も見ることが出来ました.観察後,元通りにもどすため,貝の向きや立て方を先生に聞き,水に手を入れ,そっと貝を砂に立て,上流に口をむけて置きました.そうする間も,参加者の表情は真剣で,貴重な体験をしている緊張感が伝わってきました.川に入っている時間は短かったですが,現地でカワシンジュガイと出会うことができました.またカワシンジュガイに産卵するアブラボテも,今ではこの川で一番多い種類の魚となったそうです.カワシンジュガイが産卵し,幼生が育つために必要なアマゴだけは姿を見ませんでした.毎年アマゴの放流をしているそうですが,近年増えているアオサギに食べられて,いなくなるのだろうということでした.カワシンジュガイが生存していく環境には,様々な課題も見えてきましたが,氷河期の生き残りとして芸北に生息しているこの現状を,大切に守っていきたいなぁと切に感じる観察会でした.

カワシンジュガイの分布についてのお話から始まった.
カワシンジュガイの分布についてのお話から始まった.
アマゴ・カワシンジュガイ・アブラボテの三者の必要性の資料を見ながら,それぞれの役割のお話を聞く.
アマゴ・カワシンジュガイ・アブラボテの三者の必要性の資料を見ながら,それぞれの役割のお話を聞く.
カワシンジュガイの調査地の様子の写真を見る.立ち貝の別名の通り,川の中では縦に立っている様子がよくわかった.
カワシンジュガイの調査地の様子の写真を見る.立ち貝の別名の通り,川の中では縦に立っている様子がよくわかった.
いよいよ川に入る.先週の千代田の可愛川とはうってかわり,水が冷たく感じた.
いよいよ川に入る.先週の千代田の可愛川とはうってかわり,水が冷たく感じた.
川岸でヘビの抜け殻を発見.子ども達は大喜びだった.
川岸でヘビの抜け殻を発見.子ども達は大喜びだった.
上から見守るお父さん.すすめ,すすめ〜.
上から見守るお父さん.すすめ,すすめ〜.
カワシンジュガイがいそうな場所に手をさしこみ,探してみる.
カワシンジュガイがいそうな場所に手をさしこみ,探してみる.
見つけた個体をじっくり観察.大きさもいろいろだった.
見つけた個体をじっくり観察.大きさもいろいろだった.
砂の中から半身を出し,少し口をあけている個体.昔は,ネコジャラシのような長い穂を差し込み,貝を釣っていたというお話も聞いた.
砂の中から半身を出し,少し口をあけている個体.昔は,ネコジャラシのような長い穂を差し込み,貝を釣っていたというお話も聞いた.
魚を追って,深いところまでやってきた.
魚を追って,深いところまでやってきた.
こちらは口を閉じている個体.自らはほとんど動かず,省エネ作戦.長生きするものは100年というから驚き!
こちらは口を閉じている個体.自らはほとんど動かず,省エネ作戦.長生きするものは100年というから驚き!
集合し,まとめをした.これからのカワシンジュガイの生息環境についての質問や現状も参加者から飛びだした.
集合し,まとめをした.これからのカワシンジュガイの生息環境についての質問や現状も参加者から飛びだした.