タグ別アーカイブ: 千町原

【イベント案内】早春のトレッキング; ?> )

  • 開催日時:2014年3月8日(土) 10:00
  • 集合場所:高原の自然館
  • 講師:上野吉雄
  • 準備:基本セット,双眼鏡
  • 定員数:30名
  • 参加費:
    • 一般=300円
    • 賛助会員=100円
    • 正会員・中学生以下=無料
  • かんじきレンタル:400円

春の兆しを見つけに行くトレッキングです.春を待つ植物や野鳥を見ながら歩きましょう.冬と春の両方の季節を感じることのできる機会です.雪が残っている場合はしっかりと歩ける準備をしてください.冬の間,雪の下を掘ったハタネズミのトンネルや,動物たちが残した糞も見つかることでしょう.

⇒お申し込みはこちらから

【イベント案内】雪原のトレッキング; ?> )

  • 開催日時:2014年2月9日(日) 10:00
  • 集合場所:高原の自然館
  • 講師:上野吉雄
  • 準備:基本セット,双眼鏡,あればスノーシュー,かんじき,クロカンスキー
  • 定員数:30名
  • 参加費:
    • 一般=300円
    • 賛助会員=100円
    • 正会員・中学生以下=無料
  • かんじきレンタル:400円

冬の霧ヶ谷湿原を歩きます.雪で覆われた湿原で,どんな動物が見られるでしょうか.冬に活動する動物が残した食痕,足跡などのフィールドサインを探します.また,ユキクロカワゲラ・トビムシ・クモガタガガンボなどの雪の上で生活するユキムシを探してみましょう.

⇒お申し込みはこちらから

【イベント案内】冬を生きる動物の生態; ?> )

  • 開催日時:2014年1月18日(土) 10:00
  • 集合場所:高原の自然館
  • 講師:上野吉雄
  • 準備:基本セット,双眼鏡,スノーシュー,かんじき
  • 定員数:30名
  • 参加費:
    • 一般=300円
    • 賛助会員=100円
    • 正会員・中学生以下=無料
  • かんじきレンタル:400円

雪が多い年だと1m以上積もっている時期です.雪の千町原を,動物の足跡や食痕などのフィールドサインを探してアニマルトラッキングをします.また,シベリアから冬越しにやってきたツグミやキレンジャクなどの冬鳥や,その食べ物となるカンボクやヤドリギなどの木の実も観察します.

⇒お申し込みはこちらから

【イベント報告】千町原 夏の保全活動; ?> )

  • 開催日時:2013年8月3日(土) 8:00
  • 講師:

 日本各地で水害のニュースが駆け巡る8月となりました.
 ここ八幡もお天気が悪く,草刈りの開催も心配されましたが,当日は曇り.蒸し暑くなりそうな天候です.
 とはいえ,標高800メートルの高原とあり,市内から来られた方より「涼しい!」との声が多く聞かれました.
 山麓庵に集合し,ゼッケンを受け取り自分の班を確認します.今回の参加者は38名.いつもより少ないですが,7班に分かれました.
 チェンソーと草刈り機を使用するため,特に安全管理の説明は力を入れます.みなさん真剣な表情で聞き入ってくださいました.その後いよいよ作業にとりかかります.
 今回はオオハンゴンソウの除去および,低木の伐採です.オオハンゴンソウは高木さんがトラクターでどんどん刈ってくださいます.刈った後は草集め班が集め,小積みにしていきます.
 やぶになってる場所を草刈り機班が隊列を組んで刈っていきます.今回前さんより,草刈りのフォーメーションを実演していただきました.3人一班で安全にかつスムーズに刈れる方法を実践したところ,整然と草刈りが進んでいきました.
 低木もチェンソーで切り,整理しました.
 加えて,新たにはらっぱー大根・はらっぱ米を作っている坂井さんの畑に,刈った草を持ち出しました.これで秋においしい大根とお米が育つことでしょう.
 午前中のわずかな時間でしたが,参加者みんなの力で草原を取り戻すための作業ができました.
 一方で,切った木,刈った草の用途・片づけ方法という大きな課題も残りました.
 午後からは新たな試みとして,希望者16名で「千町原を語る会」を開きました.白川学芸員をファシリテーターとし,ワークショップの方法で会は進行されました.
 「千町原の課題」「課題解決の方法」「千町原でかなえたい夢」「今日の感想」をグループで考えます.初参加の方からリピーターの方まで,様々な意見がでました.
 共通することは「千町原をよい草原に維持したい」ということです.
 この思いを持ちながら,息の長い活動にしていきたいな,と改めて考える機会となりました.
 草原保全活動のお楽しみは,草を刈って終わりではありません.刈った後を眺め,「よく刈ったなぁ」と作業の範囲を眺めたり,草原のたたずまいを感じたり,写真をとったり,ゆっくり歩いたりと楽しみ方は多様です.
 さあ,次は秋の草刈りです!

写真

各班のリーダーの打ち合せ.
各班のリーダーの打ち合せ.現地での作業説明.お茶もたっぷり用意しました.
現地での作業説明.お茶もたっぷり用意しました.オオハンゴンソウの見事なお花畑.今日の作業はこの場所の草刈り.
オオハンゴンソウの見事なお花畑.今日の作業はこの場所の草刈り.トラクターにのった高木さんがどんどんと刈っていきます.
トラクターにのった高木さんがどんどんと刈っていきます.刈った草を集めて小積みにしていく.
刈った草を集めて小積みにしていく.みなさんもくもくと作業.
みなさんもくもくと作業.作業のごほうびのスイカ.
作業のごほうびのスイカ.休憩時間,刃の目立てをする二宮さんの手つきに見入る参加者.
休憩時間,刃の目立てをする二宮さんの手つきに見入る参加者.ブルーシートを使って草運び.
ブルーシートを使って草運び.新しい草刈り機をはりきって使う佐伯さん.
新しい草刈り機をはりきって使う佐伯さん.カラコギカエデを伐採.整理しながら積んでいった.
カラコギカエデを伐採.整理しながら積んでいった.今回の参加者で記念撮影!
今回の参加者で記念撮影!お昼ご飯は山麓庵で.縁側が涼しい!
お昼ご飯は山麓庵で.縁側が涼しい!千町原の地図をみながら,未来を語る.
千町原の地図をみながら,未来を語る.

【イベント報告】千町原草原の保全活動; ?> )

  • 開催日時:2011年11月23日(水) 8:00
  • 講師:

 2004年からはじまり今回で8回目となる千町原草原の保全活動は,前線の影響で風がとても強く,雨も心配される中,地元の方や広島県内外合わせて107名が集合しました.受付の後に山麓庵前ではじまりの会が行われました.白川学芸員や班のリーダーが,千町原や八幡の歴史,草原保全の必要性や,今日のスケジュールの確認,どの辺りの草を刈るのか,安全に気を配りながら楽しんで作業をすることが大切な事などを話されました.会を終えた後は,現地である千町原に移動します.作業内容は,春に火入れをするための防火帯作りと,樹木の伐採の他,今年はおーいの丘の下に広がる薮にも手を入れることになりました.この場所は昔湿地でしたが,人の手が入らなくなり薮となっていました.保全活動が始まった当初,一度手を入れたことがありましたが,年月が経ち再び薮が広がり,この湿地を住処としていた野鳥がいなくなりつつあることを,野鳥観察会の講師でもある上野先生が話されました.4班に分かれて,それぞれの持ち場につき作業開始です.まずは草刈り機で草を刈り,ある程度距離ができたら,レーキやフォークで草を集めて,刈ってできた防火帯の脇へと運びます.草刈り機では難しい部分は残しておいて,自前で鎌を持ってきていた方が後でフォローに入るなど,息の合った作業場面も見られました.それと平行して,キッズプログラムも行われました.今回は保護者の方も参加し,千町原を散策して,落ち葉や木の実を集めてリースを作ったり,草刈りの様子を見学するなどの活動を行いました.お昼になると一度作業を中断して,山麓庵に戻ります.山麓庵では,自然館の隣にある,かりお茶屋のお母さん達が,はらっぱー米で作った炊き込みご飯や,豚汁,はらっぱー大根の煮付けや漬け物などを用意して下さいました.温かい食事は強風で強張った身体を優しくほぐしてくれているようでした.午後に入ると,風は勢いを増し,ちらちらと雪も降り始めました.エイドでは一足早くテントを片付けたり,机の上の荷物を地面に置くなど,強風への対策をしていました.草刈りの作業をを終え,参加者全員で恒例の記念撮影を行いました.来年の春には野焼きが行われます.その時にまた会えることを楽しみにしながら,千町原草原の保全活動は終わりをむかえました.[ありみつまさかず]

写真

開始直前まで降っていた雨もやみ,山麓庵ではじまりの会がスタート.
開始直前まで降っていた雨もやみ,山麓庵ではじまりの会がスタート.ボードを使って草を刈る場所や諸注意などを説明する白川学芸員.
ボードを使って草を刈る場所や諸注意などを説明する白川学芸員.草刈り機で草を刈る.安全のために距離をとって後に続く.
草刈り機で草を刈る.安全のために距離をとって後に続く.刈った草を集めて.隅へと運ぶ.思ったより重労働!
刈った草を集めて.隅へと運ぶ.思ったより重労働!こちらはキッズプログラム.午前中は千町原の散策と草刈りの見学.
こちらはキッズプログラム.午前中は千町原の散策と草刈りの見学.はらっぱー米やはらっぱー大根などで作ったお昼ご飯をいただく.
はらっぱー米やはらっぱー大根などで作ったお昼ご飯をいただく.午後からの作業再開.一人では持ちきれない量ブルーシートを使って皆で運ぶ.
午後からの作業再開.一人では持ちきれない量ブルーシートを使って皆で運ぶ.伐採した樹木を運ぶ.
伐採した樹木を運ぶ.ススキの揺れる千町原.毎年行われる保全活動により,その美しい景観を保っている.
ススキの揺れる千町原.毎年行われる保全活動により,その美しい景観を保っている.きれいになった千町原で記念撮影.お疲れ様でした!
きれいになった千町原で記念撮影.お疲れ様でした!