学芸員,縄をなう

本日,自然館の裏手で,縄作りを教えていただきました.
まずは,近所の方に,お手本を見せてもらいます.

木製の槌でワラを叩いて柔らかくします.
硬すぎず,柔らかすぎず,程よい状態にします.

ねじりながら叩くのがコツ.
こうすることでバラけにくく,効率よく柔らかくできるとか.

白川学芸員もチャレンジ!

数本を取り出して,縄をなう.
途中でワラを継ぎ足してはなう.という作業を繰り返します.

途中まで出来たものがこちら.
この後も,どんどん縄をなって長くしていきました.
色々なことに使われていたワラですが,近年では中々見ることはできません.
昔ながらの技をすぐ近くで見られる,貴重な時間を過ごしました.
                           ありみつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です