芸北学講座 第2シーズン スタート☆

芸北の自然についてしらかわハカセが講義する芸北学講座がスタートしました.
対象は,芸北トレッキングガイドの会のみなさんです.
今年はメンバーも増え,にぎやかな雰囲気です.

今回のテーマは「ブナ」
ミクロからマクロの視点で,ブナについて講義していただきました.
ブナ林が身近にある暮らしって,すごいなーとちょっと自慢に思います.
参考文献として登場した“雪里のブナ林のめぐみ”は十日町市立里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロが発行した冊子です.

ブナ林の生態や生き物,ブナ林の様々な側面について、イラストや写真をたくさん使ってわかりやすく説明してあるすぐれものなのです,
美人林とキョロロ,いつか行ってみたいなー・・
質問もたくさん飛び出して,学びの楽しさを感じた時間となりました.
次回も楽しみです.

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です