カテゴリー別アーカイブ: ブログ

​『形』と『過去』から見る植物散策~水口谷【むなくとだに】湿原編(2017.6.28); ?> )

本日のブログは、インターンで来館中の梅本さん更新です(・ω・)b
僭越ながら、前田が水口谷湿原を案内をさせていただきました(・∀・)!!

雨が降るのか降らないのか?という天気の八幡からこんにちは。
梅雨らしくない日が続いており、日常生活では助かってますが、梅雨らしい風景が見れないのは少し残念です。

今日の朝の散策情報を様々なエピソードと共にお伝えします。

まず目についたのは 「カラコギカエデ」という植物。
今の時期では、種子が赤くなり緑との絶妙なグラデーションが印象的でした。
最初は葉なのかな~と思いましたが、これは種子とのことでした。

写真では伝わりにくいかもしれませんが、この種子はひとつひとつプロペラのようになっており風にのって少しでも遠くに飛ぶ構造になっているそうです。その形は羽子板の羽を連想させるような形でした。(後に調べましたが、羽子板はムクロジという植物のようです)このカエデという植物は葉が印象的です。その名前の由来は葉がカエルの手に似ていることから「カエデ」なんだそうです。

次に印象的だったものは、「オトシブミの造形物」です。この造形物がとても合理的で無駄のない仕組みで驚きでした。
これは、オトシブミが作る虫のゆりかごです。雌がこの中に卵を産み、卵はゆりかごによって守られます。また、ふ化した幼虫が、ゆりかごを食べて成長するそうです。
この「オトシブミ」という名前は、江戸時代に他人にばれないように手紙を道端に落として他人に渡した「落とし文」から来ているそうです。そんな時代があったんですね。

この他にも、
・ハンカイソウのツボミ
・イワカガミ
・トリカブト
・ヤマザクラの仲間
・サンショウクイ
・ノハナショウブ
など色々な出会いがありました。

最後に目にする機会の多いタンポポに似ている植物「ブタナ」についてのプチ情報です。
タンポポとは背丈が異なり大きいのですぐに違いは分かるかと思います。
このブタナという植物は昔、北海道で最初に発見されたときは「タンポポモドキ」と言われていたそうです。納得です。ただ、その後フランス語で「豚のサラダ」と呼ばれていることがわかり、直訳してブタナとなったようです。

ひとつの植物に様々なエピソードがあるので、その歴史や構造などから見ていく植物観察。
時間はかかってしまいますが、想像力の強化・脳内リフレッシュには最適な観察方法だと感じました。[梅本雅史]









雨だね、コロロ。(2017.6.26); ?> )

昨日ぐらいからやーっと梅雨らしい天気になってきた八幡です(・ω・)b
今朝はドン曇りのお天気でしたが、現在外はバケツをひっくり返したかのような土砂降り模様。
カエルたちにとっては、まさに待ちに待った天気じゃないでしょうか(・∀・)!?


ある早朝の訪問者。(2017.6.19); ?> )

快晴の八幡からこんにちはー(・∀・)!!
梅雨をすっ飛ばして、初夏がやってきたと思えるような天気がここ数日、ずっと続いています。
先日、カキツバタの里の状況確認して、千町原経由でぐるーっと出勤してみたところ。
千町原で、思いがけない訪問者に出くわしました(・ω・)b


草原で目を細めて思いっきりくつろいでるのは…


犬…ではなく、キツネでした!!

水辺のいきもの観察〜モリアオガエルとグラデーション〜(2017.6.15); ?> )

本日は、この季節ならではの風景を見せて頂くため、西中国山地自然史研究会スタッフとともに、芸北 高原の自然館をスタートしました。

最初に観察したのは、こうら池のモリアオガエルでした。
私は、昨年初めてこのカエルを知って、正直衝撃的だったことを覚えています。
モリアオガエルはできる限り、木の枝の先へ先へ行き卵塊を作ります。
これはヘビなどの外敵から攻撃されないための術だそうです。また、その卵の下は水辺です。中にはプールに落とすように卵塊を作る場合もあるそうです。その理由は、卵の中で育った赤ちゃんが下にすぐ落ちて生きれる環境を用意しているそうです。お母さんはそういった場所に生むために木を登る。しかも卵を作るためには多くの水分が必要なので、母は多くの水分をお腹に含み、重い体で木をゆっくりとゆっくりと登ります(去年奇跡的に見れました)。
母は強しということを再認識させられます。
残念ながら、今日はモリアオガエルの姿の一部しか見ることができませんでしたが、新鮮な真っ白な卵塊はきれいでした。

また、その水辺にはカキツバタという絶妙な色合いをした花がたくさん咲いていました。
時期としては少し遅いとのことだったので、元気がない感じもしましたが「なぜこんな色(紫をチョイスした)を選んだんだろうな〜」と感じました。生きやすかったりする、なにかしらの理由があるんでしょうね。

その後、場所を移し八幡湿原(尾崎沼湿原)へ連れて行っていただきました。
そこには、色々な表情をした睡蓮(スイレン)の花が咲いていました。
また見たこともないような色合いの、スタイルが良いトンボもたくさん飛んでいました。
スイレンという花、何度も見かけたことはあるはずですが、意識的に見たのは初めてでした。
それにしてもグラデーションが綺麗で、水に浮かぶ葉っぱも可愛らしかったです。という感覚が歳を重ねていくにつれて少しずつではありますが分かるようになってきました。

と同時に、自然界のこと本当になにも知らないんだな〜と気づかされます。自然界には人間が多くのことを学ばせてもらえるのでこれからも色々と自然に対して、探究心を持って日々の生活を過ごして行こうと思います。
(安芸太田町地域おこし協力隊 うめもとまさふみ)

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC