まだ先,この先,春の道

あっという間に2月も終盤になりました.月日の経つのが本当に早いです.

1月の末から目立った降雪もなく,屋根から落ちた雪や除雪された雪も,先月に比べて少なくなりました.日ごと減っていく雪を見ていると,冬が徐々に終わって行く寂しさを感じます.
それと同時に,運転中雪の恐怖に怯えなくて済むと思うと,「雪の少なさが残念」とは言い切れない自分もいます.

夏に行われる「ブッポウソウの観察会」で,観察対象になっている巣箱をパシャリ.
去年の観察会では,巣立ち直前の雛や巣立ちを促す親鳥が姿を見せて,参加者を喜ばせたこの巣箱も,今は静かに次の家主を待っているようでした.

巣箱の近くにある雪の上にはこんな足跡も.何の足跡でしょうか…?
テン?キツネ?それとも飼い犬かな?
日差しが春らしくなってきても,寒さがまだまだ厳しい2月ですが,
外に出て,小さな発見をするのもまた楽しいですね.(はたもと)

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です