カテゴリー別アーカイブ: 活動

【おしらせ】きたひろの宝 カワシンジュガイを守ること

野生生物保護功労者 環境大臣賞受賞 記念講演会
〜きたひろの宝 カワシンジュガイを守ること〜

当NPOでも、観察会などで大変お世話になっている、内藤順一先生が「野生生物保護功労者 環境大臣賞」を受賞されました。
これを記念して、講演会を行います。

カワシンジュガイは川にすむ大きな二枚貝で、日本では北海道から本州に分布し、北広島町の生息地は分布の南の端にあたります。
内藤先生は、芸北で見つかったカワシンジュガイの保護に長年携わり、その功績によりこの度の受賞となりました。
北広島町にとってカワシンジュガイを守ることはどのような意味があるのかなどをお話ししていただきます。

・日付 平成30年9月9日(日)
・時間 15:00から17:00(開場14:30)
・会場 千代田開発センター 大ホール
・所在 北広島町有田1234番地1
・定員 100名(入場無料・申込不要)

演者:内藤順一先生
主催:内藤順一先生生物保護功労者環境大臣賞受賞記念講演会実行委員会(代表 近藤紘史)
後援:北広島町教育委員会
協力・問い合わせ:認定NPO法人 西中国山地自然史研究会(080-6334-8601)

千町原草刈り隊7月レポート♪(2018.8.3)

2018年7月19日(木)に、千町原草刈り隊によるオオハンゴンソウ駆除のための作業が行われましたので、レポートします。

涼しい八幡原のイメージを訂正しなければならないほどの酷暑のなかで、9人の参加者がもくもくと作業しました。
今年からオオハンゴンソウが咲く前に刈り取りをして、種を飛ばさないことにしましたので、去年まで8月初めに見えていた一面のオオハンゴンソウの黄色い花は見られません。

千町原草刈り隊では、オオハンゴンソウを株ごと掘りだしても、運び出すトラックはありませんし、焼却処分の費用も出せません。 ボランティアの力が大です!
今こそ皆さんの助力をお願いします。 月例作業は第3木曜日ですが、2名以上で任意日の作業もできます。 半日でも根塊粉砕を体験してみよう、手を貸してやろうと思われましたら、高原の自然館にご連絡ください。 千町原草刈り隊のメンバーが一緒に作業します。
次世代に、花の咲く千町原を残しませんか?

さて、青森県八戸市でオオハンゴンソウ駆除に成功されたそうです。 先日そのレポートをうれしく読ませてもらいました。 全国で特定外来種オオハンゴンソウの駆除活動が行われていますが、その多くは年一回の草刈りイベントで行っているのが現状です。 そのなかで八戸市は真剣に駆除方法を検討され、根塊ごと掘り出して根絶する手法を採られたようです。 なかなか成果の見えてこない駆除作業への疲労や、在来種への配慮などあったと思います。試行錯誤を繰り返しての7年間の努力には、ただただ敬服しかありません。

8月では早目に花を咲かせ種を付けた株があるかもしれませんので、ツボミのころに刈ってしまうことになりました。一株で1000粒を超す種をつけるオオハンゴンソウを甘く見ない処置です。

今日の作業は 草刈り機を使って根塊を粉砕する3名、芽生えた小苗の掘りだしをする3名、自走草刈り機の入れない場所での草刈り3名。 根塊の粉砕班は、いつものように目印のロープを2m拡げて作業を始めます。

オオハンゴンソウの密度の濃いところは面粉砕をしています。こうすると土を耕すことになりますので、翌月の小苗の掘りだしが楽になります。

前月の粉砕作業で飛び散った破片から芽生えた小苗を、女性陣が三つ鍬で掘りだします。

広島市より800メートルもお日様に近い八幡は暑いですねぇ。草刈り班といっしょに木陰でひと休み。差し入れの食べ物と水分補給をしっかりと。会話もはずみます。作業再開!今まで見落としていたオオハンゴンソウが、草の間に見えていますから、ピンポイントで駆除していきます。

最初に草刈り機を使って2m幅の根塊を粉砕して、翌月に破片から芽生えた小株を掘りだす。この作業を繰り返して駆除面積を少しづつ拡げていきました。広い千町原では微々たる広さですが、それでも写真の黄線の範囲まで作業が進みました。道路の乗用車で広さを想像してください

 

【中止のお知らせ】川ガキ集合!滝山川でカワシンジュガイを見つけよう(2018.7.28)

2018年7月29日(日)に予定されていました川ガキ集合!滝山川でカワシンジュガイを見つけよう(滝山川の観察会)は、悪天候や安全確保のためやむなく中止とさせていただきます。

お申し込みいただいていた方には連絡していますが、ご不明な点があれば、メール・電話などでご連絡ください。

西中国山地自然史研究会
メール:staff@shizenkan.info
電話:080-6334-8601

【お知らせ】動物ギャラリートーク「身近ないきもの」@大朝公民館(2018.7.27)

北広島町大朝公民館にて、安佐動物園の写真パネル展示に合わせ、ギャラリートークが開催されます。
迫力ある動物の写真とともに、元動物園職員であり、現在は芸北トレッキングガイドとして活躍されている足利和英さんから、動物園での飼育のエピソードや、地域のいきもののお話を聞くことができます。
気軽にご参加くださいね。

ギャラリートーク
日時:2018年8月1日(水)14:00〜15:00
場所:大朝公民館(〒731-2195 広島県山県郡北広島町大朝2493番地大朝支所二階)

動物写真パネル展
期間:2018年7月19日(木)〜8月2日(木)8:30〜17:00
※7月28日・29日はお休み

 

 

【再掲載:イベント案内】滝山川へ川ガキ集合!

  • 開催日時:2018年7月29日(日) 9:30
  • 集合場所:芸北文化ホール
  • 講師:足利和英・内藤順一
  • 準備:基本セット(山を歩ける服装,雨具,飲み物,おやつ,筆記用具,メモ帳),運動靴
  • 定員数:30名
  • 参加費:
    • 一般=300円
    • 賛助会員=100円
    • 正会員・中学生以下=無料

滝山川や草安川下流で,カワムツなどの水生動物を採集,観察します.運が良ければカワシンジュガイに会えるかもしれません.川に入れる服装,滑りにくく,川を歩ける運動靴を用意してください.

お申し込みはこちらから

○初めて参加される方は,以下の項目もご記入ください.

○以下は,任意でご記入ください.