タグ別アーカイブ: 山手万知子

【イベント報告】キノコの観察会

今シーズン一番の冷え込みの中,年に一度のお楽しみ,キノコの観察会が始まりました.採取に出かける前に,山手先生よりキノコの採り方を教えていただきました.「くさっているもの」「若いキノコ」は採らないように,丁寧に全体を採るように,とのことでした.そのことを心にとめ,例年のようにかりおの登山道をのぼりながら,キノコを探しました.見つけたものを皆で披露しながら歩きました.その中で「これはおもしろい!」と思ったのはミヤマタマゴタケです.地面に卵がある・・・と思ってしまうほど,とてもキノコだとは気づきませんでした.その他にも,カラマツ林に生え,ひだのところが黄色いハナイグチ,匂いが強烈なスッポンタケ,抱えるほど大きなコフキサルノコシカケなど多くの種類のキノコが集まりました.持ち帰った後は,自然館の前で鑑定の始まりです.種類ごとに分けてみると,先生に名前をつけてもらったキノコはなんと40種類も集まっていたので驚きました.似た種類のキノコの見分け方をお話いただいたり,それぞれのキノコの特性を聞いたりしました.それから待ちに待ったお昼ごはんです.持ち帰ったキノコの中からは,ハナイグチ・ハツタケ・シリヌメリイグチ・アシグロタケ,それに八幡産のナメコ・シイタケが入ったかりお茶屋特製のキノコ汁を全員でいただきました.寒さで冷え切った体をあつあつのお汁が温めてくれ,キノコのうまみを充分に堪能しました.先生やキノコに詳しい参加者の方から専門的な話を聞くことができ,大変楽しい観察会となりました.自作のハガキを参加者全員に下さった日野さん,ありがとうございました.

カゴを片手に出発!!
カゴを片手に出発!!
早速発見.背負篭は便利そう.
早速発見.背負篭は便利そう.
ニボシの匂いがするよ,と教えていただきクンクン.いい出汁がでるそう.
ニボシの匂いがするよ,と教えていただきクンクン.いい出汁がでるそう.
左右に目をこらして,歩く歩く.
左右に目をこらして,歩く歩く.
きれいに採取できた!
きれいに採取できた!笹に隠れるようにして生えているキノコも多かった.
笹に隠れるようにして生えているキノコも多かった.
ひだが黄色いハナイグチ.見分けがつきやすいキノコの一つ.
ひだが黄色いハナイグチ.見分けがつきやすいキノコの一つ.
キノコの特長をじっくり観察中.
キノコの特長をじっくり観察中.
ここにも秋を発見.今年はどんぐりが多いらしい.
ここにも秋を発見.今年はどんぐりが多いらしい.
紅葉にはまだまだ早い.雨が少なかったせいか,キノコも多くはなかった.
紅葉にはまだまだ早い.雨が少なかったせいか,キノコも多くはなかった.
カメが飛びだしたかのようなスッポンタケ.
カメが飛びだしたかのようなスッポンタケ.
本日の食用分.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の食用分.
先生が鑑定をし,次々と名前がつけられていく.
先生が鑑定をし,次々と名前がつけられていく.
毒を持つキノコも多かった.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毒を持つキノコも多かった.
ヒポミケス菌が寄生し傘がひらかなかったタケリタケ.
ヒポミケス菌が寄生し傘がひらかなかったタケリタケ.
キノコの見分け方をじっくりと説明する山手先生.参加者も熱心に聞いていた.
キノコの見分け方をじっくりと説明する山手先生.参加者も熱心に聞いていた.
具だくさん,あつあつのキノコ汁.
具だくさん,あつあつのキノコ汁.
食事をしながら,キノコの話,気候の話など話題は尽きない.
食事をしながら,キノコの話,気候の話など話題は尽きない.
日野さんよりいただいたハガキ.
日野さんよりいただいたハガキ.

【イベント報告】キノコの観察会

秋晴れの空の下,自然館前でのレクチャーから始まりました.先生は,今年は秋の気温が高かったことで,キノコは不作だろうという予想を話されました.また,時期的には地上性のキノコは少なく,倒木や枯れ木から生える樹上性のものが多いだろう,というお話でした.
昨年と同様,千町原に車を停めて,苅尾へと登って行きました.たしかにキノコが少ないような気がしましたが,見つける方は上手に見つけるもので,下りるときには籠いっぱいにキノコを集めておられました.キノコが取れなくても,アカマツの大木や,ミズナラの黄葉,真っ赤になったウリハダカエデなど,回復してきた森林を十分に堪能することができました.
お昼前には高原の自然館に再集合して,同定をはじめました.それぞれが採ってきたキノコを並べ,山手先生が次々に名前を付けてゆきました.おいしそうだと思って採ったものが毒きのこだったり,同じ種類でも姿に変異があったりで,参加者からは驚きと関心の声が上がっていました.
同定を終えると,いよいよオタノシミのきのこ汁です.今回はかりお茶屋さんに汁を作っていただきました.大きな椀にたっぷりの汁は,いろいろなきのこの味が出ていて,たいへん好評のようでした.中には2回もおかわりした人もおられたようです.
キノコは中毒するものもあり,少しコワイところがありますが,知識を持って採取すれば素晴らしい味に出会えます.先生の言葉を引用すると「一度にたくさん覚えようとせず,一年に2つか3つ,食べられるものを覚えてください.そうすれば10年後には20から30を食べられるようになりますよ.」ということでした.キノコとつき合うには,気長にゆっくりと,ということでしょうか.
日程の連絡で,当初と現地で集合時刻を違えて言ってしまったようです.お待たせした皆様に,事務局しらかわからお詫び申し上げます.

自然館の前で山手先生に説明を受ける.
自然館の前で山手先生に説明を受ける.
朝露の残るススキ原を進み,苅尾山へ.
朝露の残るススキ原を進み,苅尾山へ.
登山道に入ると,倒木からワサビタケが生えていた.
登山道に入ると,倒木からワサビタケが生えていた.
ササが繁るところにもいくつかのキノコがあった.
ササが繁るところにもいくつかのキノコがあった.
立ち枯れの木に並んだミイロアミタケ.
立ち枯れの木に並んだミイロアミタケ.
さらに登ると,ミズナラやブナの若齢林になった.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに登ると,ミズナラやブナの若齢林になった.大きなミズナラの上で憩う.
大きなミズナラの上で憩う.
この倒木にはムラサキゴムタケをはじめ,いくつかのキノコと粘菌が付いていた.
この倒木にはムラサキゴムタケをはじめ,いくつかのキノコと粘菌が付いていた.
たくさんのニガクリタケ.
たくさんのニガクリタケ.
ススキの穂は乾いて揺れていた.
ススキの穂は乾いて揺れていた.
高原の自然館前で採ったキノコを並べて鑑定の開始.
高原の自然館前で採ったキノコを並べて鑑定の開始.
今年は少なかったというが,それでも様々な種類が集まった.
今年は少なかったというが,それでも様々な種類が集まった.
同定が終わったキノコは,この日の閉館時まで,展示された.
同定が終わったキノコは,この日の閉館時まで,展示された.
汁を食べながら,キノコ談義に花が咲いた.
汁を食べながら,キノコ談義に花が咲いた.
本日の収穫も入ったきのこ汁.
本日の収穫も入ったきのこ汁.